商品説明
カテゴリ:
メーカー
三菱伸銅
原産国
日本
日本
用途
機械部品,水栓器具
商品説明
鉛レス黄銅棒-丸棒1

鉛レス黄銅棒-丸棒
鉛0.1%以下で銅を主成分とする亜鉛との合金に、ビスマス(0.5~4.0%)等を添加して被削性を改良した銅合金棒です。 
【JIS規格】H3250 C6801 【記号】BZ5A
【成分】Cu【銅】57.0~64.0%、Bi【ビスマス】0.5~4.0%、Pb【鉛】~0.01%、Fe【鉄】~0.50%、Sn【スズ】0.1~2.5%、P【リン】~0.2%、Cd【カドミウム】~10ppm、Zn【亜鉛】残部
【製造方法】冷間引抜 
【用途】
〇高強度、切削性、優れた耐摩耗性があり、自動車部品に使用されます。【ELV指令対応】
〇高強度、切削性がり、電気電子部品に使用されます。【RoHS指令対応】
〇鍛造性・鋳造性・切削性があり、水栓部品に使用されます。
【NSF認定可能、Ni規制対応、Pb規制対応】

鉛レス黄銅棒-丸棒2

鉛レス黄銅棒-丸棒
快削黄銅棒は、優れた切削性を実現するために意図的に鉛を添加する事が避けられないと考えられて来ましたが、鉛レス快削黄銅棒は鉛に代えてビスマス【Bi】もしくはシリコン【Si】を添加することで良好な切削性を実現しつつ環境負荷物質の使用量を抑制した新合金です。
⇒ビスマス【Bi】原子番号83
主に鉛の副産物として算出する。重金属の中では例外的に人体や環境への悪影響が少ない物質として古くから知られており、胃腸薬・傷薬等の医薬品、口紅やアイシャドウ等の化粧品に広く添加されている。
⇒シリコン【Si】原子番号14
岩石の主成分であり、地球上に大量に存在する物質のひとつです。なので、半永久的に供給に対する不安はないとされています。
自然界に存在していることから、毒性はなく価格も安定しています。