りん青銅 リン青銅 - 4面フライス 4F材

りん青銅 リン青銅 - 4面フライス 4F材

その他寸法はこちらから

真鍮 ー 4面フライスの加工精度

◎ 寸法公差

幅/長さ 公差 Minレンジ
長さが700以下 長さが700以上
~100 ±0.05 0.02 0.02
~700 ±0.08 0.04 0.05
~1000 ±0.08   0.10
~1500 ±0.10   0.10
~3047 ±0.30   0.30

< ISO1(基準温度20℃)、JISZ8703(標準温度±2℃)に準拠し、20℃±2℃の温度管理を実施した上での保証公差です >

◎ 直角度 - 長さLを基準とした幅Wの直角度(mm)

幅/長さ ~100 ~200 ~300 ~400 ~500 ~1000 ~1500 ~3048
~40 0.0015 0.03 0.045 0.08 0.1 100につき0.02 0.3
~300 0.0015 0.03 0.045 0.06 0.075 100につき0.02 0.3
~1520       0.06 0.075 100につき0.015 0.15

*500W×500L以下の時は4直角
上記を超えるときは基準面1直角のみ適用

 

◎ 平行度 〔標準公差適用時(mm)〕

(長さ)

幅/長さ ~300 ~350 ~500 ~540 ~3047
~300 0.03 0.03 0.03 0.03 0.03
~350   0.03 0.04 0.04 0.04
~1520     0.05 0.05 幅100につき0.01

(幅)

幅/長さ ~300 ~350 ~500 ~540 ~3047
~300 0.03 0.03 0.04 0.04 0.05
~350   0.03 0.04 0.04 長さ100につき0.01
~1520     0.05 0.05 長さ100につき0.01

 

◎ 並行度 〔Minレンジ適用時mm)〕

幅/長さ 長さが700以下 長さが700以上
~100 0.02 0.04
~700 0.04 0.05
~1000   0.05
~1500   0.10
~3047   0.30


よく比較される材料 その他材料比較
分類名 特性 用途 その他説明
比重
りん青銅(C5191B) - 丸棒
購入画面へ
8.83g/cm³小ねじ、ボルト、ナット、機械部品、ギア、カム、継手、軸受、C519は「ばね材」に適した材料ですが、特に高性能のばね性が必要な場合は「ばね用りん青銅」を用いたほうがよいとの記述が規格にもあります。C5191についてはスズ含有率が5.5~7.0%、C5212については7.0~9.0%の含有率となっています。スズの増加は金属としての強度を上げますが、導電性の値は低下します。また展延性が必要な場合も、材料そのものが硬いため、Snの量が増えてくるとあまり適さなくなります。 また、りん青銅鋳物は、JIS記号ではCAC502(旧呼称PBC2)などと呼ばれ、Cu-Sn系の成分を基本として、Pを0.03-0.1%を加えた合金で、強度、硬度、耐摩耗性の向上を狙ったものです。 青銅鋳物系に比べると特に硬さに優れた特徴を示します。またr耐摩耗性も良好で、溶湯の湯流れ性もよいことから鋳造性に優れます。
分類名 成分
りん青銅(C5191B) - 丸棒
購入画面へ
Pb Fe Sn Zn P Cu
0.02%0.10%5.5-7.0%0.20%0.03-0.35%99.5%


りん青銅 リン青銅 - 4面フライス 4F材 対応可能寸法

長さ(L)厚み(t)幅(W) 価格 納期
5~600mm 1~9mm 5~150mm 見積依頼 7日
150~300mm 1~9mm 150~300mm 見積依頼 7日
12~600mm 10~18mm 12~150mm 見積依頼 7日
150~300mm 10~18mm 150~300mm 見積依頼 7日
17~600mm 20~30mm 17~150mm 見積依頼 7日
150~300mm 20~30mm 150~300mm 見積依頼 7日
22~600mm 35~50mm 22~150mm 見積依頼 7日
150~300mm 35~50mm 150~300mm 見積依頼 7日
32~600mm 55~60mm 32~150mm 見積依頼 7日
150~300mm 55~60mm 150~300mm 見積依頼 7日
50~600mm 65~100mm 50~150mm 見積依頼 7日
150~300mm 65~100mm 150~300mm 見積依頼 7日