SKD61 - 6面フライス

用途:プレス金型等

ご指定のサイズに鋼材を削り出したメタルプレートを提供します。
0.1mm単位のご要望にもお答えします。
品質、精度、ともに業界トップクラスのプレートを短納期で発送します。

6F 機械加工の際に、直方体の側面4面+上下面2面の合計6面をフライス加工(フライスと呼ばれている円筒形で複数の刃が備え付けられた切削工具を回転させて切削する金属加工)をすることを指します。
5F 金型や機械部品などの切削加工に関して、材料を立方体型の金属塊とした時、加工機に材料を固定する下面以外の5面をフライス加工することをさします。※ 5面指定可能
4F 厚さは素地のままでそれ以外の面(幅方向2面と長さ方向2面、合わせて4面)
をフライス加工することを指します。
3F 材料を立方体型の3面をフライス加工(フライスと呼ばれている円筒形で複数の刃が備え付けられた切削工具を回転させて切削する金属加工)をすること指します。 ※ 3面指定可能
2F 直方体の上下面2面をフライス加工(フライスと呼ばれている円筒形で複数の刃が備え付けられた切削工具を回転させて切削する金属加工)をすること指します。
1F 1面をフライス加工(フライスと呼ばれている円筒形で複数の刃が備え付けられた切削工具を回転させて切削する金属加工)をすることを指します。 ※ 1面指定可能
6F2RG 6Fに関しては上記で説明した通り6面をフライス加工することをさしますが、2RGに関してはロータリー研磨の事をRGといい、回転するテーブル上に加工物をセットし平面研削する方法の事を言います。つまり6面をフライスと呼ばれている円筒形で複数の刃が備え付けられた切削工具を回転させて加工しさらに、2面をロータリー研磨するという事になります。
4F2RG 4面をフライス加工と呼ばれる加工法で加工しさらに2面をロータリー研磨することを指します。
2F2RG 2面をフライス加工と呼ばれる加工法で加工しさらに2面をロータリー研磨することを指します。
4F4RG 4面をフライス加工と呼ばれる加工法で加工しさらに4面をロータリー研磨することを指します。
6F4RG 6面をフライス加工と呼ばれる加工法で加工しさらに4面をロータリー研磨することを指します。
6F6RG 6面をフライス加工と呼ばれる加工法で加工しさらに6面をロータリー研磨することを指します。
長さ(L)厚み(t)幅(W) 価格 納期
15~300mm 5~50mm 15~300mm 見積依頼 3日
その他材料比較
分類名 特性 用途 その他説明
比重硬度引張強さ伸び耐力膨張係数熱伝導率
SUS310S(酸洗) - 丸棒
購入画面へ
7.98g/cm³200HV520N/mm²40%20515.9×10-6/℃0.034耐熱鋼、ニッケルとクロムのバランスは25Cr-20Niで、耐酸化性がSUS309Sより優れています。ピーリングとは「皮をむく」、という意味です。 熱処理後の棒鋼の表面の黒皮を、りんごの皮をむくように切削した光沢のある表面仕上げです。
SUS304N2(ピーリング) - 丸棒
購入画面へ
7.98g/cm³248HBW690N/mm²35%34515.9×10-6/℃0.034構造用の強度部材等、主として18Cr-8Ni-N-Nbの成分を持ち、SUS304にNとNb(ニオブ)を添加して、延性の低下を抑えながら強度を高めたタイプのステンレス鋼材です。 主に構造用の強度部材に使われます。 ピーリングとは「皮をむく」という意味です。 熱処理後の棒鋼の表面の黒皮をりんごの皮をむくように切削した光沢のある表面仕上げです。
SUS316(ミガキ鋼) - 丸棒
購入画面へ
7.98g/cm³200HV520N/mm²40%20515.9×10-6/℃0.039海水ポンプ、配管部材、船舶部品、バルブ等、ニッケルとクロムのバランスは25Cr-20Niで、耐酸化性がSUS309Sより優れています。耐熱鋼としてよく使われます。 ミガキ鋼とは、ダイス(金型)を通し冷間で引抜加工する鋼材のことで、引抜加工した寸法精度の高い高級精密な棒鋼二次製品であります。 引抜とは、ダイス(金型)に通し、引抜いて作られます。表面には光沢があります。精度はピーリング材よりも良いのが特徴です。
SUS310S(ピーリング) - 丸棒
購入画面へ
7.98g/cm³200HV520N/mm²40%20515.9×10-6/℃0.034耐熱鋼、ニッケルとクロムのバランスは25Cr-20Niで、耐酸化性がSUS309Sより優れています。ピーリングとは「皮をむく」、という意味です。 熱処理後の棒鋼の表面の黒皮を、りんごの皮をむくように切削した光沢のある表面仕上げです。
SUS630(ピーリング) - 丸棒
購入画面へ
7.98g/cm³200HV520N/mm²40%20515.9×10-6/℃0.034シャフト類、タービン部品等、17Cr-4Ni-4Cu-Nbの組成を持つ鋼材で、Cuを添加することで、析出硬化性を持たせたステンレス鋼材です。シャフト類やタービン部品として使われます。 ピーリングとは「皮をむく」、という意味です。
SUS329J4L(ピーリング) - 丸棒
購入画面へ
7.8g/cm³292HV590N/mm²18%39015.9×10-6/℃0.05海水熱交換器、製塩プラント等、25Cr-6Ni-3Mo-N-低C型の組成を持ったステンレス鋼材で、海水など高濃度塩化物環境において優れた耐孔食性、耐SCC性(耐応力腐食割れ性)があります。 海水熱交換器、製塩プラントなどに使われます。ピーリングとは「皮をむく」という意味です。
SUS316(酸洗) - 丸棒
購入画面へ
7.98g/cm³200HV520N/mm²40%20515.9×10-6/℃0.039海水ポンプ、配管部材、船舶部品、バルブ等、ニッケルとクロムのバランスは25Cr-20Niで、耐酸化性がSUS309Sより優れています。耐熱鋼としてよく使われます。
SUS304L(酸洗) - 丸棒
購入画面へ
7.98g/cm³200HV480N/mm²40%17517.3×10-6/℃0.039構造用の強度部材等、耐粒界腐食性に優れ、溶接後熱処理できない部品類にも使われます。ステンレスの中でも特に構造材としての特長が優れている鋼種で、耐熱鋼として最も広く使用されています。
SUS321(ピーリング) - 丸棒
購入画面へ
7.93g/cm³200HV520N/mm²40%20516.6×10-6/℃0.038耐粒界腐食性、18Cr-9Ni-Tiの組成を持ち、SUS304にTiを添加して耐粒界腐食性を高めたステンレスです。装飾部品には推奨されていません。ピーリングとは「皮をむく」、という意味です。熱処理後の棒鋼の表面の黒皮を、りんごの皮をむくように切削した光沢のある表面仕上げです。
SUS321(酸洗) - 丸棒
購入画面へ
7.98g/cm³200HV520N/mm²40%20516.6×10-6/℃0.038耐粒界腐食性、18Cr-9Ni-Tiの組成を持ち、SUS304にTiを添加して耐粒界腐食性を高めたステンレスです。装飾部品には推奨されていません。ピーリングとは「皮をむく」、という意味です。熱処理後の棒鋼の表面の黒皮を、りんごの皮をむくように切削した光沢のある表面仕上げです。
分類名 成分
SUS310S(酸洗) - 丸棒
購入画面へ
C Si Mn P S Ni Cr --
0.08%1.5%2%0.045%0.03%19-22%24-26%--
SUS304N2(ピーリング) - 丸棒
購入画面へ
C Si Mn P S Ni Cr N Nb
0.08%1.00%2.50%0.045%0.030%7.50-10.50%18.00-20.00%0.15-0.30%0.15%
SUS316(ミガキ鋼) - 丸棒
購入画面へ
C Si Mn P S Ni Cr Mo -
0.08%1.00%2%0.045%0.03%10-14%16-18%2-3%-
SUS310S(ピーリング) - 丸棒
購入画面へ
C Si Mn P S Ni Cr --
0.08%1.5%2%0.045%0.03%19-22%24-26%--
SUS630(ピーリング) - 丸棒
購入画面へ
C Si Mn P S Ni Cr Cu Nb
0.07%1%1%0.04%0.03%3-5%15-17%3-5%0.15-0.45%
SUS329J4L(ピーリング) - 丸棒
購入画面へ
C Si Mn P S Ni Cr Mo N
0.03%1%1.5%004%0.03%5.5-7.5%24-26%2.5-3.5%0.08-0.30%
SUS316(酸洗) - 丸棒
購入画面へ
C Si Mn P S Ni Cr Mo -
0.08%1%2%0.045%0.03%10-14%16-18%2-3%-
SUS304L(酸洗) - 丸棒
購入画面へ
C Si Mn P S Ni Cr --
0.03%1%2%0.045%0.03%9-13%18-20%--
SUS321(ピーリング) - 丸棒
購入画面へ
C Si Mn P S Ni Cr Ti -
0.08%1%2%0.045%0.03%9-13%17-19%0.4%-
SUS321(酸洗) - 丸棒
購入画面へ
C Si Mn P S Ni Cr Ti -
0.08%2%2%0.045%0.03%9-13%17-19%0.4%-
Image

関連商品

 
  
3Dプリンター用粉末

3Dプリンター用粉末