標準寸法(定尺品)とは

標準寸法(定尺品)とは


  標準寸法とは、メーカー或いは販売会社が使用、販売目的に合わせて、それぞれの国・地域の工業標準化法に基づいて製造された製品を予め寸法、公差及びその他内容を決めて提供する製品のことを言います。

  標準寸法は、基本的にカスタム品に比べて納期が早い特徴があります。

  短納期を実現するため、常時在庫しており、急ぎの注文に合わせて対応可能であります。

 

標準寸法(定尺品)を注文する時に、カット依頼ができます!

11

 

 


22

 

 


33