S45C - ミガキ角鋼

¥500~ 納期:2日

【原産国】日本

【用途】その他部品全般,ガイド,レール

【商品說明】S45Cは、機械構造用の炭素鋼鋼材としては最もポピュラーな材質と言えます。 炭素含有量の代表値は、0.45%ですが、JIS規格では0.42~0.48の範囲と定められています。 熱処理により得られる機械的性質も向上するため、用途に広がりが出てきます。(切削性や高度など) 汎用性が高く、流通量が多いことから様々な場所で使われています。   ミガキ鋼とは、鋼材の表面を所定の方法で削ったり、引き伸ばしたりして加工したものです。 ミガキ丸鋼の特徴としては寸法精度がでているため、シャフトやピンなど幅広く使われています。(主に冷間引抜材) ミガキ平鋼の特徴としては寸法精度がでているため、部品や治具など幅広い用途で使われます。段引きすると応力によっては反りがでる場合があるので、6面フライス材(6F材)をお勧めします) 用途(使用事例等) : ガイド、レール、その他部品全般 カット方法 : バンドソー、メタルソー 対応可能加工(フライス、削り等) : 機械加工全般

S45C - 快削鋼(丸鋼)

¥500~ 納期:2日

【原産国】日本

【用途】シャフト,その他部品全般,ピン

【商品說明】S45Cは、機械構造用の炭素鋼鋼材としては最もポピュラーな材質と言えます。 炭素含有量の代表値は、0.45%ですが、JIS規格では0.42~0.48の範囲と定められています。 熱処理により得られる機械的性質も向上するため、用途に広がりが出てきます。(切削性や高度など) 汎用性が高く、流通量が多いことから様々な場所で使われています。 用途(使用事例等 : ピン、シャフト、その他部品全般 カット方法 : バンドソー、メタルソー 対応可能加工(フライス、削り等 : 機械加工全般  

SKロッド - 丸鋼

¥1,486~ 納期:2日

【原産国】日本

【用途】シャフト,その他部品全般

【商品說明】SKロッドは、特殊鋼の中で使用頻度の高い鋼材です。 炭素量が0.6~1.5%で焼入れ・焼き戻しを行うことで硬度を出すことのできる材料で、硬度のほか耐摩耗性にも優れ、切削工具などにも使用されます。

S45C - ミガキ六角鋼

¥500~ 納期:2日

【原産国】日本

【用途】ボルトナット,その他部品全般

【商品說明】S45Cは、機械構造用の炭素鋼鋼材としては最もポピュラーな材質と言えます。 炭素含有量の代表値は、0.45%ですが、JIS規格では0.42~0.48の範囲と定められています。 熱処理により得られる機械的性質も向上するため、用途に広がりが出てきます。(切削性や高度など) 汎用性が高く、流通量が多いことから様々な場所で使われています。 ミガキ鋼とは、鋼材の表面を所定の方法で削ったり、引き伸ばしたりして加工したものです。 ミガキ丸鋼の特徴としては寸法精度がでているため、シャフトやピンなど幅広く使われています。(主に冷間引抜材) ミガキ平鋼の特徴としては寸法精度がでているため、部品や治具など幅広い用途で使われます。段引きすると応力によっては反りがでる場合があるので、6面フライス材(6F材)をお勧めします) 用途(使用事例等) : ボルトナット、その他部品全般 カット方法 : バンドソー、メタルソー 対応可能加工(フライス、削り等) : 機械加工全般

S45C - ミガキ丸鋼

¥500~ 納期:2日

【原産国】日本

【用途】シャフト,その他部品全般

【商品說明】S45Cは、機械構造用の炭素鋼鋼材としては最もポピュラーな材質と言えます。 炭素含有量の代表値は、0.45%ですが、JIS規格では0.42~0.48の範囲と定められています。 熱処理により得られる機械的性質も向上するため、用途に広がりが出てきます。(切削性や高度など) 汎用性が高く、流通量が多いことから様々な場所で使われています。   ミガキ鋼とは、鋼材の表面を所定の方法で削ったり、引き伸ばしたりして加工したものです。 ミガキ丸鋼の特徴としては寸法精度がでているため、シャフトやピンなど幅広く使われています。(主に冷間引抜材) ミガキ平鋼の特徴としては寸法精度がでているため、部品や治具など幅広い用途で使われます。段引きすると応力によっては反りがでる場合があるので、6面フライス材(6F材)をお勧めします) 用途(使用事例等) : シャフト、その他部品全般 カット方法 : バンドソー、メタルソー 対応可能加工(フライス、削り等) : 機械加工全般

S45C - ミガキ平鋼

¥500~ 納期:2日

【原産国】日本

【用途】その他部品全般,ガイド,レール

【商品說明】S45Cは、機械構造用の炭素鋼鋼材としては最もポピュラーな材質と言えます。 炭素含有量の代表値は、0.45%ですが、JIS規格では0.42~0.48の範囲と定められています。 熱処理により得られる機械的性質も向上するため、用途に広がりが出てきます。(切削性や高度など) 汎用性が高く、流通量が多いことから様々な場所で使われています。 ミガキ鋼とは、鋼材の表面を所定の方法で削ったり、引き伸ばしたりして加工したものです。 ミガキ丸鋼の特徴としては寸法精度がでているため、シャフトやピンなど幅広く使われています。(主に冷間引抜材) ミガキ平鋼の特徴としては寸法精度がでているため、部品や治具など幅広い用途で使われます。段引きすると応力によっては反りがでる場合があるので、6面フライス材(6F材)をお勧めします) 用途(使用事例等) :ガイド、レール、その他部品全般 カット方法 : バンドソー、メタルソー 対応可能加工(フライス、削り等) : 機械加工全般