Image

コバール コバール(Kovar)

コバール(Kovar) 棒材

見積対象商品
納期:25日
【用途】 硬質ガラスやセラミック等の封着用,ICリードフレーム,高出力通信管部品,トランジスタのリードキャップ等
【原産国】CHINA
【商品説明】
コバール(Kovar)は、鉄(Fe)に、ニッケル(Ni)、コバルト(Co)を配合した合金である。
コバールは、常温付近では硬質ガラスに近い低熱膨張率を備えており、低温組織が良好で安定しているため、硬質ガラスやセラミック等の封着用として使われいます。
そして、その特性を利用して、ICリードフレーム、高出力通信管部品、トランジスタのリードキャップ等にもよく利用されています。
Kovar合金の化学成分(%):
Ni:28.5~29.5%、 Co:16.8~17.8%、 Fe:Bal
C≦0.03%、Mn≦0.5%、Si≦0.30%、P≦0.02%、S≦0.02%、Cu≦0.02%、Cr≦0.2%、Mo≦0.2%、
-. 密度: 8.25g/㎤
-. 熱膨張係数: 45.2~51.5 (×10⁻⁷/℃)(20~450℃)
-. 熱伝導率: 0.05 (cal/㎝/Sec.℃)
-. 電気抵抗率: 50 (uΩ・㎝ at25℃)
-. 引張強さ: 55 (㎏/㎜⊃2;)
コバール(Kovar)溶接性能:
コバール(Kovar)は、ろう付け、溶接、抵抗溶接などの方法で、銅、鋼、ニッケルなどの金属と溶接することができます。合金中のジルコニウムの含有量が0.06%を超えると、プレートのアルゴンアーク溶接の品質に影響を与え、溶接部に亀裂が入ります。
コバール(Kovar)加工性能:
コバール(Kovar)の加工性能は、切削性はオーステナイト系ステンレス鋼に似ています。加工の際、低速切削には高速度鋼または超硬合金工具がよく使用されます。
コバール(Kovar)の切削性は良好であり、切削中に冷却材の使用も可能です。
コバール(Kovar)の部品熱処理方法:
コバール(Kovar)の熱処理は主に、応力除去焼鈍、中間焼鈍、精製脱気処理、および酸化前処理に分類されます。
1.応力除去焼きなまし
 機械加工後の部品の残留応力を除去するために、応力除去焼きなましを行う必要があります。470〜540℃、保度1〜2時間で冷却します。
2.中間焼きなまし
 冷間圧延、冷間引抜き、冷間プレスの過程で合金によって引き起こされる加工硬化現象を排除するためには、加工を継続することが求められます。
 アーティファクト乾燥水素で750〜900℃に加熱し、アンモニアまたは真空状態で、14分〜1時間保持してから、炉冷、空冷または水焼入れする必要があります。
3.精製および脱気処理
 部品形成後、酸化前処理の前に、湿式水素処理が必要であり、処理の前にオイル除去が必要です。
 湿った水素の中で、950〜1050℃に加熱し、10〜30分間保持してから、冷却します。
4.予備酸化処理:
 湿式水素処理後に、通常、封着前に予備酸化処理を行い、合金の表面均一な厚みになるようにし、
 基板にしっかりと結合させてから、溶融ガラスで緻密な酸化膜が形成させるようになります。
 部品は、湿った水素で処理されたあとに、約800°Cの空気の中で酸化されます。部品の重量増加は、0.2〜0.4 mg / cm2の範囲であります。
 この合金は熱処理での硬化はできません。
コバール(Kovar)の表面熱処理方法:
コバール(Kovar)の表面処理は、サンドブラスト、研磨、および酸洗することができます。
部品をガラスで密封した後、溶接を容易にするために、密封中に生成された酸化膜を除去する必要があり、部品を10%塩酸+ 10%硝酸と混合させます。
水溶液中で、約70°Cに加熱し、2〜5分間浸透させます。
この合金は優れた電気めっき特性を備えており、表面に金、銀、ニッケル、クロムなどの金属のめっき処理ができます。
そして、多くの場合、部品間の溶接または熱圧着が容易にできるため、銅、ニッケル、金、錫等でメッキ処理を行うことができます。
高周波電流伝送容量を改善し、接触抵抗を減らして通常のカソード放出特性を確保するには、金メッキまたは銀メッキを行います。
ニッケルまたは金を使用して、デバイスの耐食性を向上させることもできます。

コバール(Kovar) 板材

見積対象商品
納期:25日
【用途】 硬質ガラスやセラミック等の封着用,ICリードフレーム,高出力通信管部品,トランジスタのリードキャップ等
【原産国】CHINA
【商品説明】
コバール(Kovar)は、鉄(Fe)に、ニッケル(Ni)、コバルト(Co)を配合した合金である。
コバールは、常温付近では硬質ガラスに近い低熱膨張率を備えており、低温組織が良好で安定しているため、硬質ガラスやセラミック等の封着用として使われいます。
そして、その特性を利用して、ICリードフレーム、高出力通信管部品、トランジスタのリードキャップ等にもよく利用されています。
Kovar合金の化学成分(%):
Ni:28.5~29.5%、 Co:16.8~17.8%、 Fe:Bal
C≦0.03%、Mn≦0.5%、Si≦0.30%、P≦0.02%、S≦0.02%、Cu≦0.02%、Cr≦0.2%、Mo≦0.2%、
-. 密度: 8.25g/㎤
-. 熱膨張係数: 45.2~51.5 (×10⁻⁷/℃)(20~450℃)
-. 熱伝導率: 0.05 (cal/㎝/Sec.℃)
-. 電気抵抗率: 50 (uΩ・㎝ at25℃)
-. 引張強さ: 55 (㎏/㎜⊃2;)
コバール(Kovar)溶接性能:
コバール(Kovar)は、ろう付け、溶接、抵抗溶接などの方法で、銅、鋼、ニッケルなどの金属と溶接することができます。合金中のジルコニウムの含有量が0.06%を超えると、プレートのアルゴンアーク溶接の品質に影響を与え、溶接部に亀裂が入ります。
コバール(Kovar)加工性能:
コバール(Kovar)の加工性能は、切削性はオーステナイト系ステンレス鋼に似ています。加工の際、低速切削には高速度鋼または超硬合金工具がよく使用されます。
コバール(Kovar)の切削性は良好であり、切削中に冷却材の使用も可能です。
コバール(Kovar)の部品熱処理方法:
コバール(Kovar)の熱処理は主に、応力除去焼鈍、中間焼鈍、精製脱気処理、および酸化前処理に分類されます。
1.応力除去焼きなまし
 機械加工後の部品の残留応力を除去するために、応力除去焼きなましを行う必要があります。470〜540℃、保度1〜2時間で冷却します。
2.中間焼きなまし
 冷間圧延、冷間引抜き、冷間プレスの過程で合金によって引き起こされる加工硬化現象を排除するためには、加工を継続することが求められます。
 アーティファクト乾燥水素で750〜900℃に加熱し、アンモニアまたは真空状態で、14分〜1時間保持してから、炉冷、空冷または水焼入れする必要があります。
3.精製および脱気処理
 部品形成後、酸化前処理の前に、湿式水素処理が必要であり、処理の前にオイル除去が必要です。
 湿った水素の中で、950〜1050℃に加熱し、10〜30分間保持してから、冷却します。
4.予備酸化処理:
 湿式水素処理後に、通常、封着前に予備酸化処理を行い、合金の表面均一な厚みになるようにし、
 基板にしっかりと結合させてから、溶融ガラスで緻密な酸化膜が形成させるようになります。
 部品は、湿った水素で処理されたあとに、約800°Cの空気の中で酸化されます。部品の重量増加は、0.2〜0.4 mg / cm2の範囲であります。
 この合金は熱処理での硬化はできません。
コバール(Kovar)の表面熱処理方法:
コバール(Kovar)の表面処理は、サンドブラスト、研磨、および酸洗することができます。
部品をガラスで密封した後、溶接を容易にするために、密封中に生成された酸化膜を除去する必要があり、部品を10%塩酸+ 10%硝酸と混合させます。
水溶液中で、約70°Cに加熱し、2〜5分間浸透させます。
この合金は優れた電気めっき特性を備えており、表面に金、銀、ニッケル、クロムなどの金属のめっき処理ができます。
そして、多くの場合、部品間の溶接または熱圧着が容易にできるため、銅、ニッケル、金、錫等でメッキ処理を行うことができます。
高周波電流伝送容量を改善し、接触抵抗を減らして通常のカソード放出特性を確保するには、金メッキまたは銀メッキを行います。
ニッケルまたは金を使用して、デバイスの耐食性を向上させることもできます。
 
  
Image

ピックアップ商品