ユーザログイン

Login     Close

その他送信完了

その他を送信しました。

商品説明
カテゴリ:
原産国
日本
日本
用途
航空機機材,ボルト材,リベット類,油圧部品,航空宇宙機器,ゴム成形用金型,スピンドル等,船舶用材,ギヤー部品,ねじ類
商品説明

通称24S(超ジュラルミン)と呼ばれるAl-Cu合金で、17Sより強度が高く、切削加工性も良好。
航空機機材、ボルト材、スピンドルなどに用いられる。

A2024BE-T4-丸棒
アルミニウム【A2024BE-T4】-丸棒
A2024はA2017より更に強度が高く【鋼材に匹敵する強度があり】切削加工性も優れたアルミ合金で【超ジュラルミン】とも呼ばれています。しかし、銅を含む為、耐食性に劣ります。
ジェラルミンはJIS規格で【A2017】ジュラルミン【A2024】超ジュラルミン【A7075】超々ジュラルミンの3種類にわけられます。
【A2024BE-T4】とは…
〇最初のA⇒アルミニウム合金を示します。
〇次の4桁の数字⇒アルミニウム合金を大別すると、板・棒・管・線・形材などの展伸材、砂型・金型などの鋳物材、ダイキャスト材があり、合金の成分比により、それらの特徴は異なる為に4桁の数字で合金分類を示します。
〇次に附されるローマ字⇒【P - 板・条・円板 】【PC - 合わせ板 】【 H - 箔】【BE - 押出棒 】【BD - 引抜棒 】【TW - 溶接管 】【FD - 型打鍛造品 】【FH - 自由鍛造品 】は、材料の形状や製造条件を示しています。
〇ハイフンに続くローマ字⇒【F - 製造のままのもの 】【O - 焼きなまししたもの 】【H - 加工硬化したもの 】【 W - 溶体化処理したもの】【T - 熱処理によって、F、O、H、以外の安定な質別にしたもの】の5種類を示し、
〇次の1-3桁数字⇒更に細分化し材料の調質を示す識別記号を示します。
⇒A2017やA2024には【T4】もしくは【T451】等がついてきます。

PBC-2(新JIS CAC502CP) - 板材 PBC-2板材

見積対象商品 納期:2日

【原産国】日本

【用途】ブッシュ,スリーブ,一般機械部品,ウォームギア,軸受,歯車,羽根車

【商品說明】耐食性、耐摩耗性に優れ、一般機械部品などに用いられる。

銅(C1100B) - 四角棒

見積対象商品 納期:2日

【原産国】日本

【用途】建築用,電気用,電子機器材料

【商品說明】タフピッチ銅があり、電気用・建築用・電子機器材料に用いられる。

SUS420J2(HEX) - 六角形

¥387~ 納期:2日

【原産国】日本

【商品說明】焼入れ後の硬度が高く、410より耐食性に優れている。 刃物、ノズル、弁座、バルブ、直尺などに用いられる。

Al-Cu系(A2024) - 板材

見積対象商品 納期:2日

【用途】スピンドル,航空機機材,ボルト材

【商品說明】通称24S(超ジュラルミン)と呼ばれるAl-Cu合金で、17Sより強度が高く、切削加工性も良好。 航空機機材、ボルト材、スピンドルなどに用いられる。

クロム銅(JIS Z3234 2種) - 板材

¥1,130~ 納期:2日

【原産国】日本

【用途】シーム溶接電極,スポット溶接電極

【商品說明】Cu-Cr合金で導電率が高く、機械的特性および耐熱性に優れている。 スポット溶接電極・シーム溶接電極などに用いられる。  

PBC-2(新JIS CAC502CB) - 丸棒 丸棒

¥540~ 納期:2日

【用途】ブッシュ,スリーブ,一般機械部品,ウォームギア,軸受,歯車,羽根車

【商品說明】耐食性、耐摩耗性に優れ、歯車、ウォームギア、軸受、ブッシュ、スリーブ、羽根車、一般機械部品などに用いられる。

MC703HL - 板材

見積対象商品 納期:2日

【原産国】日本

【商品說明】MCに特殊潤滑材を添加した素材で、油潤滑不要。色は紫色で、搬送機械、建設機械などに用いられる。

ベリリウム銅(25合金) - 板材

見積対象商品 納期:2日

【原産国】日本

【用途】航空機部品,溶接機部品,金型材

【商品說明】Cu-Co-Be合金で銅合金の中で最高の強度と硬さを持つ。 溶接機部品・航空機部品・金型材などに用いられる。

A1070TD-H14 - 丸パイプ

¥440~ 納期:1日

【原産国】日本

【用途】健康器具,工作機械,LED照明部品,建築・建材,免震装置部品,食品関連,防水部材,輸送機器,キッチン・家具,バイオ,医療機器,太陽光関連,印刷,照明,風力発電,電気製品

【商品說明】AL純度99.7%以上の純アルミ丸管で、加工性、耐食性、溶接性、表面処理性、電気熱伝導性に優れている。 強度が低いため構造材には適さないが、反射性、導電性などの特性を生かして装飾品、各種容器、放熱材などに使用されている。    アルミニウム及びアルミニウム合金継目無管規格(JIS H4080) JIS規格に定められたシームレスアルミパイプ(継目無管)の種類 JISのアルミニウム継目無管(シームレス管)規格(JIS H4080)では、押出管と引抜管の2種類について規定されています。 この2種類の管の大きな違いは製造方法によるものですが、下記のような特徴があります。  押出管(TE)とは、ビレットと呼ばれる円筒形(丸棒のような形状)に加工されたアルミニウムの塊を(予め純アルミや各種アルミ合金に成分調整されたもの)、400℃~500℃程度に熱した状態で、押出機により、ダイス呼ばれる金型から押出加工をして製作されたパイプのことです。 ところてんを突くのと原理が似ています。ところてんに相当するのが熱せられたアルミです。ところてんを突く容器の網がダイスに相当します。 ところてんは突く容器の網の目を変えれば太さが変わりますが、押出管も同じ原理で、ダイス(金型)を変えればパイプ径、肉厚を変えることが出来ます。 引抜管(TD)とは、押出管を冷間(常温)で、ダイスと呼ばれる金型の間を通して引き抜く(抽伸)ことにより、パイプの外径、肉厚、内径を小さくする加工を施したパイプのことです。  製作の手順としては、まず製作しようとするサイズより外径が大きく、肉厚の厚い押出管を準備し、スウェージングと呼ばれる管端を絞る作業を行います。 これによりパイプがビール瓶のような形になります。この状態のパイプを、細い側をキャレッジと呼ばれる器具で掴み、ダイスを通して引抜作業を行い製品寸法に仕上げます。  正確にはパイプ内部にプラグ(内径工具)というものを入れておき、ダイス(外径工具)を通して引き抜くことにより、パイプの外径と肉厚を決めています。 ダイスは中央に穴が開いているだけの金型ですので、この穴の径がパイプの外径寸法となります。プラグは引く抜くパイプの中に入れる芯金のようなもので、このプラグ径が内径寸法を決めます。 ダイスとプラグの組み合わせを変えることにより様々な外径、肉厚のパイプに対応することが出来ます。  引抜作業は常温で抽伸油を付けながら行います。  希望サイズになるまで、数回抽伸を行う場合もあります。 押出管と引抜管の主な特徴  製造法の違いについては上述の通りですが、この2種類の管の主な特徴について下記に記載します。 押出管  加工温度が高い。(400℃~500℃位)  外径、肉厚の寸法精度が引抜管に比べ劣る。(1mm~1/10mm程度)  引抜管に比べ、細径、薄肉の管の製作は難しい。  逆に引抜管では対応出来ない、大径管、肉厚管に対応可能。  製作ロットは数100キロからとなり、小ロットでの製作にはあまり向かない。  納期は1.5~3ヶ月。 1回の押出工程により、製品が製作出来る為、低コストで製作出来るメリットがある。 それほど高精度を要求しなければ、低価格の押出管がお勧めです。  市販の一般サイズのアルミ管(A6063製)はほとんどが押出管です。(一部引抜管もあります。) 引抜管  加工は常温で行われる。(冷間加工)  外径、肉厚の寸法精度が押出管に比べて高く、1/100mm程度まで管理出来る。  表面も綺麗に仕上げることが出来る。  径の細い管や非常に薄い管の製作も出来る。  大径管や肉厚の管は対応が難しい。  製作ロットについては、押出管を抽伸することから、1本から製作可能(ダイスが整備されている場合で、サイズによる)で、小ロットにも対応出来る。  納期は15~25日間。サイズの大きいものは60~90日間。  押出管に比べ、短納期で対応出来る。  押出管にさらに抽伸加工を加える為、押出管に比べてコスト高となる。 

クロム銅(JIS Z3234 2種) - 板材(面削)

見積対象商品 納期:2日

【原産国】日本

【用途】シーム溶接電極,スポット溶接電極

【商品說明】黒皮のついた上下面を面削し板厚公差を0~+0.4に抑えた商品です。