3Dプリンター用粉末 チタン合金 - Ti-6Al-4V

用途:射出成型と3Dプリンター用粉末としてよく利用されています。
1.Ti-6Al-4V合金は、(α+β)チタン合金に属し、優れた機械的特性を備えています。
Ti-6Al-4V合金の強度はsb = 1.012 GPa、密度g = 4.4 * 103、比強度sb / g = 23.5、合金鋼の比強度sb / gは18未満です。
2.Ti-6Al-4V合金の熱伝導率は、鉄の熱伝導率の1/5、アルミニウムの熱伝導率の1/10です。
Ti-6Al-4V合金の熱伝導率はl = 7.955 W / m? K。
そして、Ti-6Al-4V合金の弾性率はE = 10 GPaで、鋼の約1/2であるため、加工中に変形しやすくなります。
用途としては、主に医療および航空分野で使用されています。
3.Ti-6Al-4V 合金は、は熱処理されたチタン合金であり、プレートの成形性と鍛造性の点で優れた溶接性を備えています。
ジェットエンジンのコンプレッサーブレードやインペラーの製造に使用されます。着陸装置の車輪や構造部品、留め具、ブラケット、航空機の付属品、フレーム、母屋の構造、パイプなど用途が幅広いのも一つの特徴となります。
4.Ti-6Al-4V 合金は、合金自体の表面硬度は高くありません、HRC30。
ただし、熱処理により、材料の表面が酸化、窒化、炭化され、酸化チタン、二酸化チタン、酸化チタン、炭化チタン、窒化チタンの混合スキンが形成されます。
なかでも超硬合金の重要な部分である炭化チタンは、切削工具と同等の硬度を持っています。
窒化チタンは耐摩耗性材料の一種で、硬度は低くなく、通常は宝石の金メッキに使用されます。
二酸化チタンは焼成中のセラミック釉薬の組成であり、硬度は低くありません(モース硬度7,45鋼のみ5.5。
モース硬度は塑性変形が容易ではなく、宝石、鉱石、ガラスなどの測定方法に適しています。
よく使われている粒度:
1.15-45um
2.15-53um
3.53-105um
粒度分布、D10、D50、D90はお問合わせください。
分析設備:
◎ カーボン硫黄分析装置
◎ スペクトル分析装置
◎ レーザー粒度分布分析装置
◎ 可視分光光度計
◎ 金属粉末流速
◎ 酸素、窒素分析装置
◎ 振動密度測定装置
◎ 精密型塩水噴霧設備
◎ 溶融指数測定装置
3Dプリンター用粉末:
1.粒度 15-45um D50(30~35um)、振動密度 4.4-4.8g/㎝³、流動性 ≦30s/50g
2. 粒度 15-53um D50(34~39um)、振動密度 4.4-4.9g/㎝³、流動性 ≦25s/50g
※ 梱包は、二重のポリエステル袋での梱包或いは5㎏/梱包となります。
※ 梱包につきましては、顧客の要求により調整可能。