真鍮 - 角パイプ

真鍮 - 角パイプ



よく比較される材料 その他材料比較
分類名 特性 用途 その他説明
比重硬度引張強さ伸び耐力膨張係数熱伝導率導電率耐衝撃縦弾性係数ポアソン比体積抵抗率
カドミウムレス黄銅棒
購入画面へ
8.46g/cm³140HV450N/mm²26%34020.5×10-6/℃111W/mK23.2%30.096kN/mm20.356.4µΩ・cm機械部品、水栓器具、C3604CdL(カドミレス)は、RoHS指令によりカドミウムを規制した商品です。 欧州の有害物質使用規制の動きに関する関心が益々高まり、RoHS指令が可決されました。 使用禁止となる有害6物質にカドミウムは含まれ、規制が適用されました。 カドミウムの最大許容量は、欧州委員会では0.01wt%(100ppm)とされ、この濃度未満では含有していないとみなすとされています。 RoHS指令により、カドミウムについては、0.01%以下に成分を抑制しなければ、欧州での販売が禁止となりました。 C3604カドミレス黄銅棒はRoHS指令に応える素材です。
真鍮(丸パイプ) - C2700T
購入画面へ
8.46g/cm³85-145450N/mm²26%34020.5×10-6/℃117W/mK27%30.096kN/mm20.356.4µΩ・cm装飾品、機械部品、押し広げ性・曲げ性・絞り性・メッキ性に優れており、主に機械部品・装飾品・精糖用・船舶用に使用できます。
快削黄銅丸棒(C3604B)
購入画面へ
8.6g/cm³85-145450N/mm²26%34020.5×10-6/℃117W/mK27%30.096kN/mm20.356.4µΩ・cmボルト、ナット、小ねじ、スピンドル、歯車、バルブ、ライター、時計部品、カメラ部品、耐食性に優れている。快削黄銅(銅が57.0-61.0%、鉛が1.8-3.7%、鉄が0.50%以下、鉄+錫が1.0%以下、亜鉛は残部) 被削性を高めるために鉛 を添加している。
SUS 304 (TP-S) - 丸パイプ
購入画面へ
7.93g/cm³200HV520N/mm²40%20520.5×10-6/℃0.03927%30.096kN/mm20.356.4µΩ・cm食品設備、一般設備、原子力用、耐食性、溶接性、機械的性質が良好なことで知られます。ステンレスの中でも特に構造材としての特長が優れている鋼種で、耐熱鋼として最も広く使用されています。
SUS 304L (TP-S) - 丸パイプ
購入画面へ
7.93g/cm³200HV480N/mm²40%17517.3×10-6/℃0.03927%30.096kN/mm20.356.4µΩ・cm溶接後熱処理できない部品類、耐粒界腐食性に優れ、溶接後熱処理できない部品類にも使われます。ステンレスの中でも特に構造材としての特長が優れている鋼種で、耐熱鋼として最も広く使用されています。
SUS 316 (TP-S) - 丸パイプ
購入画面へ
7.98g/cm³200HV520N/mm²40%20515.9×10-6/℃0.03927%30.096kN/mm20.356.4µΩ・cm海水ポンプ、配管部材、船舶部品、バルブ等、ニッケルとクロムのバランスは25Cr-20Niで、耐酸化性がSUS309Sより優れています。耐熱鋼としてよく使われます。
SUS 316L (TP-S) - 丸パイプ
購入画面へ
7.98g/cm³200HV480N/mm²40%17516.5×10-6/℃0.03927%30.096kN/mm20.356.4µΩ・cm耐孔食性が必要な部品、18Cr-12Ni-2.5Mo-低C型の材料で、SUS316の極低炭素鋼です。性質としては、316の耐粒界腐食性を強化したものです。SUS316同様に海水をはじめとする耐食性、耐孔食性が必要な場所でよく使用されます。
SUS 310S (TP-S) - 丸パイプ
購入画面へ
7.98g/cm³200HV520N/mm²40%20515.9×10-6/℃0.03427%30.096kN/mm20.356.4µΩ・cm耐熱鋼、ニッケルとクロムのバランスは25Cr-20Niで、耐酸化性がSUS309Sより優れています。ピーリングとは「皮をむく」、という意味です。
SUS 304 (TP-A) - 丸パイプ
購入画面へ
7.93g/cm³200HV520N/mm²40%20517.3×10-6/℃0.03927%30.096kN/mm20.356.4µΩ・cm耐熱鋼、耐食性、溶接性、機械的性質が良好なことで知られます。ステンレスの中でも特に構造材としての特長が優れている鋼種で、耐熱鋼として最も広く使用されています。
SUS 304L (TP-A) - 丸パイプ
購入画面へ
7.93g/cm³200HV480N/mm²40%17517.3×10-6/℃0.03927%30.096kN/mm20.356.4µΩ・cm溶接後熱処理できない部品類、耐粒界腐食性に優れ、溶接後熱処理できない部品類にも使われます。ステンレスの中でも特に構造材としての特長が優れている鋼種で、耐熱鋼として最も広く使用されています。
SUS 316 (TP-A) - 丸パイプ
購入画面へ
7.98g/cm³200HV520N/mm²40%20515.9×10-6/℃0.03927%30.096kN/mm20.356.4µΩ・cm海水ポンプ、配管部材、船舶部品、バルブ等、ニッケルとクロムのバランスは25Cr-20Niで、耐酸化性がSUS309Sより優れています。耐熱鋼としてよく使われます。
SUS 316L (TP-A) - 丸パイプ
購入画面へ
7.98g/cm³200HV480N/mm²40%17516.5×10-6/℃0.03927%30.096kN/mm20.356.4µΩ・cm耐孔食性が必要な部品、18Cr-12Ni-2.5Mo-低C型の材料で、SUS316の極低炭素鋼です。性質としては、316の耐粒界腐食性を強化したものです。 SUS316同様に海水をはじめとする耐食性、耐孔食性が必要な場所でよく使用されます。
ベリリウム銅(25合金) - 丸棒
購入画面へ
8.26g/cm³200HV480N/mm²40%17517.8×10-6/℃83.7-1306330.096kN/mm20.356.4µΩ・cm航空機部品、溶接機部品、金型材、ベリリウム銅は、導電率が高く優れた耐疲労性・耐摩耗性・耐食性をもつため高級ばね材溶接用電極材として用いられます。 CuにBe0.4~2.5%添加した高強度用としてのBeCu25合金(C1720)です。 50合金に比して導電性は劣りますが(約25%IACS)機械加工後に熱処理することにより引っ張り強さは、最大約1350N/mm2に達します。
分類名 成分
カドミウムレス黄銅棒
購入画面へ
Cu Sn Fe Pb Zn ---
59.0%0.50%0.50%3.2%Balance%---
真鍮(丸パイプ) - C2700T
購入画面へ
Cu Pb Fe Zn ----
63.0-67.0%0.1%0.05%Balance%----
快削黄銅丸棒(C3604B)
購入画面へ
Cu Pb Fe Sn ----
57.0-61.0%1.8-3.7%0.50%0.7%----
SUS 304 (TP-S) - 丸パイプ
購入画面へ
C Si Mn P S Ni Cr Mo
0.08%1%2%0.045%0.03%8-10.5%18-20%0.6%
SUS 304L (TP-S) - 丸パイプ
購入画面へ
C Si Mn P S Ni Cr -
0.03%2%2%0.045%0.03%9-13%18-20%-
SUS 316 (TP-S) - 丸パイプ
購入画面へ
C Si Mn P S Ni Cr Mo
0.08%1%2%0.045%0.03%10-14%16-18%2-3%
SUS 316L (TP-S) - 丸パイプ
購入画面へ
C Si Mn P S Ni Cr Mo
0.08%1%2%0.045%0.03%10-14%16-18%2-3%
SUS 310S (TP-S) - 丸パイプ
購入画面へ
C Si Mn P S Ni Cr -
0.08%1.5%2%0.045%0.03%19-22%24-26%-
SUS 304 (TP-A) - 丸パイプ
購入画面へ
C Si Mn P S Ni Cr Mo
0.08%1%2%0.045%0.03%8-10.5%18-20%0.6%
SUS 304L (TP-A) - 丸パイプ
購入画面へ
C Si Mn P S Ni Cr -
0.03%1%2%0.045%0.03%9-13%18-20%-
SUS 316 (TP-A) - 丸パイプ
購入画面へ
C Si Mn P S Ni Cr Mo
0.08%1%2%0.045%0.03%10-14%16-18%2-3%
SUS 316L (TP-A) - 丸パイプ
購入画面へ
C Si Mn P S Ni Cr Mo
0.08%1%2%0.045%0.03%10-14%16-18%2-3%
ベリリウム銅(25合金) - 丸棒
購入画面へ
Be Cu ------
0.4-2.5%Balance%------

真鍮 - 角パイプ対応可能寸法

長さ(L)壁厚(t)外幅1(W1)外幅2(W2) 価格 納期
10~2,000mm 1mm 6~8mm 6~8mm 見積依頼 2日
10~2,000mm 1mm 9mm 9mm 見積依頼 2日
10~2,000mm 1~1.2mm 9.5mm 9.5mm 見積依頼 2日
10~2,000mm 1~1.5mm 12mm 12mm 見積依頼 2日
10~2,000mm 1~1.2mm 12.7mm 12.7mm 見積依頼 2日
10~2,000mm 1.5mm 12.7mm 12.7mm 見積依頼 2日
10~2,000mm 1.5mm 15mm 15mm 見積依頼 2日
10~2,000mm 1~1.2mm 15.9mm 15.9mm 見積依頼 2日
10~2,000mm 1.5mm 15.9mm 15.9mm 見積依頼 2日
10~2,000mm 1~1.5mm 19mm 19mm 見積依頼 2日
10~2,000mm 1.5mm 20mm 20mm 見積依頼 2日
10~2,000mm 1~1.2mm 22mm 22mm 見積依頼 2日
10~2,000mm 1.5mm 22mm 22mm 見積依頼 2日
10~2,000mm 1.5mm 25mm 25mm 見積依頼 2日
10~2,000mm 1~1.2mm 25.4mm 25.4mm 見積依頼 2日
10~2,000mm 1.5mm 25.4mm 25.4mm 見積依頼 2日
10~2,000mm 1.2~1.5mm 28mm 28mm 見積依頼 2日
10~2,000mm 1.2~1.5mm 30mm 30mm 見積依頼 2日
10~2,000mm 1.2~1.5mm 32mm 32mm 見積依頼 2日
10~2,000mm 1.5mm 35mm 35mm 見積依頼 2日
10~2,000mm 1.5mm 38~40mm 38~40mm 見積依頼 2日
10~2,000mm 1.5mm 50mm 50mm 見積依頼 2日
10~2,000mm 1.5mm 60mm 60mm 見積依頼 2日
10~2,000mm 2mm 75mm 75mm 見積依頼 2日
10~2,000mm 3mm 100mm 100mm 見積依頼 2日

SUS 316L (TP-A) - 丸パイプ 溶接管

¥510~ 納期:3日

【原産国】日本

テルル銅(快削銅-C14500) - 丸棒

¥510~ 納期:2日

【原産国】日本

【用途】コネクター,ナット,放電加工用電極,ガス溶接用チップ,ヒートシンク,スイッチ部品,ボルト等

HBSC(新JIS CAC304CP) - 板材

見積対象商品 納期:2日

【原産国】日本

【用途】低速高荷重の摺動部品,ストッパー,カム,油圧シリンダー部品

テルル銅(快削銅-C14500) - 板材

¥450~ 納期:2日

【原産国】日本

【用途】コネクター,ナット,放電加工用電極,ガス溶接用チップ,ヒートシンク,スイッチ部品,ボルト等

真鍮 - 平角パイプ

見積対象商品 納期:2日

【原産国】日本

【用途】装飾品,機械部品,衛生管,熱交換器

ALBC(新JIS CAC703CP) - 板材

見積対象商品 納期:2日

【原産国】日本

【用途】化学工業用機器部品

SUS 316 (TP-S) - 丸パイプ シームレス鋼管(継目無)

¥10~ 納期:3日

【原産国】日本

LBC(新JIS CAC603CB) - 丸棒

見積対象商品 納期:2日

【原産国】日本

【用途】大型エンジン用軸受,中高速・高荷重用軸受

BC-3(新JIS CAC403CT) - 丸パイプ

見積対象商品 納期:2日

【原産国】日本

【用途】バルブ,ブッシュ,スリーブ,伝導機器部品,船用丸窓,軸受,歯車,羽根車

高力黄銅(C6782B) - 丸棒

¥400~ 納期:2日

【原産国】日本

【用途】ポンプ軸,船舶用プロペラ軸



真鍮角パイプ1

真鍮 - 角パイプ (C2700)
C2700は、銅65%・亜鉛35%の成分を含み、65/35黄銅と呼ばれています。
光沢が美しく黄金色で、展延性があり、冷間加工性、転造性が良く、加工により強さもあり、曲げ性、絞り性も良いので複雑な加工品、深絞り加工品に使用されます。
⇒角パイプは、JIS規格 G 3466 一般構造用角形鋼管であり、建築部材や産業機械のフレーム等に幅広く使用され、テレビの架台など、アッセンブリ品の足部分としても使用します。
厚みにより加工の行程が変わり、強度の補強面において非常に有効な部材と言えます。
※角パイプの加工でお困りの際は、イーメタルズに御相談ください。

真鍮角パイプ2

真鍮 - 角パイプ (C2700)
断面の切り口が正方形または、長方形となることから【角パイプ】と呼ばれます。
断面が長方形の形状をした物は【平角パイプ】とも呼ばれます。
⇒角パイプ形状は、水平方向の断面が【正方形】のものと、【長方形】のものがあり、構造用を想定した材料であるため、あまりに細かい寸法ではバリエーションに欠け、サイズの間隔も機械部品や加工用に比べ開きが大きくなる傾向があります。
製法としては、通常の鋼管を角形にしたり、鋼板を曲げたり、L字型のものを合せる等の方法があります。
鋼管の先端は、ベベルエンド加工(テーパー加工により鋼管切断部を直角にしない加工方法)もできます。
角管でも四辺はピン角ではなく、若干丸みを帯びています。