商品説明
カテゴリ:
原産国
日本
日本
用途
タービンブレード,高応力部品等
商品説明

13Cr-低Siの組成を持ち、タービンブレードや高応力部品に適した耐熱鋼の一つです。

ピーリングとは「皮をむく」、という意味です。

熱処理後の棒鋼の表面の黒皮を、りんごの皮をむくように切削した光沢のある表面仕上げである

SUS403 ピーリング丸棒1

イーメタルズではお客様のニーズに合わせた数多くのSUS403のピーリング材を取り扱っています。SUS403は13Cr-低Siとして、耐熱に優れた鋼材です。
ピーリングは英語でPeeling皮をむくという意味で、圧延加工した鋼材等の表面を切削して仕上げる工程のことを指します。通常削皮機(Turnig machine)で表面を削ります。但しピーリング材は黒皮材よりは増しだが寸法精度と表面粗さが十分出ていなく、引き抜き材やミガキ棒に比べて比較的に安価なものです。

◇比較:SUS304とSUS403との違いについて
SUS304とSUS403の違いは、ニッケル(Ni)とクロム(Cr)の含有量でその差が区別されます。ニッケルとクロムの含まれている割合でその性質が分かります。

SUS403 ピーリング材2

SUS403は13%のクロム(Cr)と低Siを添加したマルテンサイト系ステンレスです。焼き入れ・焼き戻しを行って硬くして使用され、耐摩耗性に優れることから、刃物、工具、ノズル、タービンブレード、ブレーキディスク、シャフト、ベアリングなどに良く使われます。

SUS304はオーステナイト系の代表的な鋼種であり、通常最も多く使われます。クロム(Cr)が18%+ニッケル(Ni)が8%含まれており耐食性に優れ、光沢があり強度も強く、加工性に優れています。この鋼種は非磁石性を持っています。身近な用途としては良くシステムキッチンの流し台、食器や腕時計のベルト、電車のステンレス車体、化学タンク等に広く使用されています。
イーメタルズではお客様のニーズに合わせて、短納期で安価な製品を提供しています。納期は通常注文を受けてから2~3日かかり、短納期でお客様が満足できる製品を提供できるよう日々努めています。