一般鋼材 鉄板(SPHC) - 熱間圧延鋼板 シャーリング

一般鋼材 鉄板(SPHC) - 熱間圧延鋼板 シャーリング
  材質注意事項  

SPHC熱延鋼板は、冷間圧延プロセスを通らない分、安価で板厚が厚く、プレス加工向け、そして自動車のフレームといった骨組み材や強い圧力を受ける配管などに使用されます。

よくSPHCとSPCCの比較されますが、
簡単その違いについて説明下記内容通り説明いたします。

1. SPHC : 熱間圧延の「一般用」鋼板、JIS_G3141
2. SPCC : 冷間圧延の「一般用」鋼板、JIS_G3131

◎ 熱間圧延鋼板 : 金属の再結晶温度以上で加工する方法です。
                           スラブを引き延ばして帯状の鋼を作ること。熱間圧延は金属の強度が高くならない状態で加工します。
                           圧延を行うと、鋳造組織の中にあった晶出物が均一な組織に生まれ変わるために、次の冷間圧延も加工も可能となります。

◎ 冷間圧延鋼板 : 再結晶温度以下で加工する方法です。
                            熱間圧延後、常温で製品の厚さにまで圧延することです。



よく比較される材料 その他材料比較
分類名 特性 用途 その他説明
硬度引張強さ寸法許容差 丸寸法許容差 平角寸法許容差 四角寸法許容差 六角比重伸び耐力膨張係数熱伝導率
SSミガキ丸鋼
購入画面へ
69-103450-850H9級H13級H11級H12級-----構造物全般、製造の工程でできる表面の酸化被膜(黒皮)が残っている材料です。
SUS310S(酸洗) - 丸棒
購入画面へ
200HV520N/mm²H9級H13級H11級H12級7.98g/cm³40%20515.9×10-6/℃0.034耐熱鋼、ニッケルとクロムのバランスは25Cr-20Niで、耐酸化性がSUS309Sより優れています。ピーリングとは「皮をむく」、という意味です。 熱処理後の棒鋼の表面の黒皮を、りんごの皮をむくように切削した光沢のある表面仕上げです。
SUS304N2(ピーリング) - 丸棒
購入画面へ
248HBW690N/mm²H9級H13級H11級H12級7.98g/cm³35%34515.9×10-6/℃0.034構造用の強度部材等、主として18Cr-8Ni-N-Nbの成分を持ち、SUS304にNとNb(ニオブ)を添加して、延性の低下を抑えながら強度を高めたタイプのステンレス鋼材です。 主に構造用の強度部材に使われます。 ピーリングとは「皮をむく」という意味です。 熱処理後の棒鋼の表面の黒皮をりんごの皮をむくように切削した光沢のある表面仕上げです。
SUS316(ミガキ鋼) - 丸棒
購入画面へ
200HV520N/mm²H9級H13級H11級H12級7.98g/cm³40%20515.9×10-6/℃0.039海水ポンプ、配管部材、船舶部品、バルブ等、ニッケルとクロムのバランスは25Cr-20Niで、耐酸化性がSUS309Sより優れています。耐熱鋼としてよく使われます。 ミガキ鋼とは、ダイス(金型)を通し冷間で引抜加工する鋼材のことで、引抜加工した寸法精度の高い高級精密な棒鋼二次製品であります。 引抜とは、ダイス(金型)に通し、引抜いて作られます。表面には光沢があります。精度はピーリング材よりも良いのが特徴です。
SUS310S(ピーリング) - 丸棒
購入画面へ
200HV520N/mm²H9級H13級H11級H12級7.98g/cm³40%20515.9×10-6/℃0.034耐熱鋼、ニッケルとクロムのバランスは25Cr-20Niで、耐酸化性がSUS309Sより優れています。ピーリングとは「皮をむく」、という意味です。 熱処理後の棒鋼の表面の黒皮を、りんごの皮をむくように切削した光沢のある表面仕上げです。
SUS630(ピーリング) - 丸棒
購入画面へ
200HV520N/mm²H9級H13級H11級H12級7.98g/cm³40%20515.9×10-6/℃0.034シャフト類、タービン部品等、17Cr-4Ni-4Cu-Nbの組成を持つ鋼材で、Cuを添加することで、析出硬化性を持たせたステンレス鋼材です。シャフト類やタービン部品として使われます。 ピーリングとは「皮をむく」、という意味です。
SUS329J4L(ピーリング) - 丸棒
購入画面へ
292HV590N/mm²H9級H13級H11級H12級7.8g/cm³18%39015.9×10-6/℃0.05海水熱交換器、製塩プラント等、25Cr-6Ni-3Mo-N-低C型の組成を持ったステンレス鋼材で、海水など高濃度塩化物環境において優れた耐孔食性、耐SCC性(耐応力腐食割れ性)があります。 海水熱交換器、製塩プラントなどに使われます。ピーリングとは「皮をむく」という意味です。
SUS316(酸洗) - 丸棒
購入画面へ
200HV520N/mm²H9級H13級H11級H12級7.98g/cm³40%20515.9×10-6/℃0.039海水ポンプ、配管部材、船舶部品、バルブ等、ニッケルとクロムのバランスは25Cr-20Niで、耐酸化性がSUS309Sより優れています。耐熱鋼としてよく使われます。
SUS304L(酸洗) - 丸棒
購入画面へ
200HV480N/mm²H9級H13級H11級H12級7.98g/cm³40%17517.3×10-6/℃0.039構造用の強度部材等、耐粒界腐食性に優れ、溶接後熱処理できない部品類にも使われます。ステンレスの中でも特に構造材としての特長が優れている鋼種で、耐熱鋼として最も広く使用されています。
SUS321(ピーリング) - 丸棒
購入画面へ
200HV520N/mm²H9級H13級H11級H12級7.93g/cm³40%20516.6×10-6/℃0.038耐粒界腐食性、18Cr-9Ni-Tiの組成を持ち、SUS304にTiを添加して耐粒界腐食性を高めたステンレスです。装飾部品には推奨されていません。ピーリングとは「皮をむく」、という意味です。熱処理後の棒鋼の表面の黒皮を、りんごの皮をむくように切削した光沢のある表面仕上げです。
SUS321(酸洗) - 丸棒
購入画面へ
200HV520N/mm²H9級H13級H11級H12級7.98g/cm³40%20516.6×10-6/℃0.038耐粒界腐食性、18Cr-9Ni-Tiの組成を持ち、SUS304にTiを添加して耐粒界腐食性を高めたステンレスです。装飾部品には推奨されていません。ピーリングとは「皮をむく」、という意味です。熱処理後の棒鋼の表面の黒皮を、りんごの皮をむくように切削した光沢のある表面仕上げです。
分類名 成分
SSミガキ丸鋼
購入画面へ
C Mn P S -----
0.15-0.20%0.30-0.60%0.045%0.045%-----
SUS310S(酸洗) - 丸棒
購入画面へ
C Si Mn P S Ni Cr --
0.08%1.5%2%0.045%0.03%19-22%24-26%--
SUS304N2(ピーリング) - 丸棒
購入画面へ
C Si Mn P S Ni Cr N Nb
0.08%1.00%2.50%0.045%0.030%7.50-10.50%18.00-20.00%0.15-0.30%0.15%
SUS316(ミガキ鋼) - 丸棒
購入画面へ
C Si Mn P S Ni Cr Mo -
0.08%1.00%2%0.045%0.03%10-14%16-18%2-3%-
SUS310S(ピーリング) - 丸棒
購入画面へ
C Si Mn P S Ni Cr --
0.08%1.5%2%0.045%0.03%19-22%24-26%--
SUS630(ピーリング) - 丸棒
購入画面へ
C Si Mn P S Ni Cr Cu Nb
0.07%1%1%0.04%0.03%3-5%15-17%3-5%0.15-0.45%
SUS329J4L(ピーリング) - 丸棒
購入画面へ
C Si Mn P S Ni Cr Mo N
0.03%1%1.5%004%0.03%5.5-7.5%24-26%2.5-3.5%0.08-0.30%
SUS316(酸洗) - 丸棒
購入画面へ
C Si Mn P S Ni Cr Mo -
0.08%1%2%0.045%0.03%10-14%16-18%2-3%-
SUS304L(酸洗) - 丸棒
購入画面へ
C Si Mn P S Ni Cr --
0.03%1%2%0.045%0.03%9-13%18-20%--
SUS321(ピーリング) - 丸棒
購入画面へ
C Si Mn P S Ni Cr Ti -
0.08%1%2%0.045%0.03%9-13%17-19%0.4%-
SUS321(酸洗) - 丸棒
購入画面へ
C Si Mn P S Ni Cr Ti -
0.08%2%2%0.045%0.03%9-13%17-19%0.4%-

一般鋼材 鉄板(SPHC) - 熱間圧延鋼板 シャーリング 対応可能寸法

長さ(L)厚み(t)幅(W) 価格 納期
50~1,500mm 1.6mm 50~1,500mm ¥ 300~ 4日
50~1,500mm 2.3mm 50~1,500mm ¥ 300~ 4日
50~1,500mm 3.2mm 50~1,500mm ¥ 300~ 4日
50~1,500mm 4.5mm 50~1,500mm ¥ 300~ 4日
50~1,500mm 6~12mm 50~1,500mm ¥ 300~ 4日

S50C - 黒皮角鋼

¥500~ 納期:2日

【原産国】日本

【用途】機械構造部品全般

【商品說明】S50Cは、機械構造用鋼炭素鋼のうち、高炭素鋼に分類される材質です。 炭素含有量の代表値が0.50%ですがJIS規格では0.47~0.53の範囲と定められています。 一般的には鋼板に用いられる材質です。

ダクタイル - 6面フライス

¥1,460~ 納期:3日

【原産国】日本

【用途】バルブ,シリンダー,マニホールド等

【商品說明】ご指定のサイズに鋼材を削り出したメタルプレートを提供します。 0.1mm単位のご要望にもお答えします。 品質、精度、ともに業界トップクラスのプレートを短納期で発送します。

一般鋼材 H形鋼(細巾)

見積対象商品 納期:2日

【原産国】日本

【用途】建造物全般。架台等

【商品說明】断面がHの形をした材料 用途(使用事例等) : 建造物全般、架台等 カット方法 : バンドソー、メタルソー 対応可能加工(フライス、削り等) : フライス、穴あけ、溶接、レーザー機械加工全般、

工具鋼 - 軸受鋼黒皮 平鋼 SKD11

¥500~ 納期:2日

【原産国】日本

【用途】ゲージ,プレス金型等

【商品說明】軸受鋼黒皮-平鋼 合金工具鋼 C量JIS規格:1.40~1.60 Cr量JIS規格:11.00~13.00 Mo量JIS規格:0.80~1.20 V量:JIS規格:0.20~0.50 冷間金型用合金工具鋼のうち、常温での耐摩耗性に特に優れた鋼材。窒化処理によっても高い硬度を得られることが知られている。高クロム、高炭素鋼で、ゲージやプレス型に利用されます。 用途(使用事例等) :ゲージ、プレス金型等 カット方法 : バンドソー、メタルソー、6面フライス 類似鋼種 : 大同:DC53、日立:SLD 対応可能加工(フライス、削り等) :機械加工全般、熱処理

工具鋼 - 軸受鋼黒皮 丸鋼 SKS3

¥500~ 納期:2日

【原産国】日本

【用途】プレス金型,ゲージ,シャー刃

【商品說明】黒皮-丸鋼 合金工具鋼 C量JIS規格:0.90~1.00 Cr量JIS規格:0.50~1.00 W量:JIS規格:0.50~1.00 冷間金型用合金工具鋼で、焼入れ後の変形が少なく、タングステンを添加しています。工具鋼SK材と比べると、同じ炭素量のSK材の変形に比べて半分以下の変形しかしないとされる。 用途(使用事例等) : ゲージ、シャー刃、プレス金型 カット方法: バンドソー 類似鋼種 : 大同:GOA 日立:SGT 対応可能加工(フライス、削り等) : 機械加工全般、熱処理

工具鋼 - 軸受鋼黒皮 平鋼 SKS3

¥500~ 納期:2日

【原産国】日本

【用途】プレス金型,ゲージ,シャー刃

【商品說明】軸受鋼黒皮-平鋼 合金工具鋼 C量JIS規格:0.90~1.00 Cr量JIS規格:0.50~1.00 W量:JIS規格:0.50~1.00 冷間金型用合金工具鋼で、焼入れ後の変形が少なく、タングステンを添加しています。工具鋼SK材と比べると、同じ炭素量のSK材の変形に比べて半分以下の変形しかしないとされる。 用途(使用事例等) : ゲージ、シャー刃、プレス金型 カット方法 : バンドソー、6面フライス 類似鋼種 :大同:GOA 日立:SGT  対応可能加工(フライス、削り等) :機械加工全般、熱処理

SUS403(ピーリング) - 丸棒(焼鈍材)

¥500~ 納期:2日

【原産国】日本

【用途】タービンブレード,高応力部品等

【商品說明】13Cr-低Siの組成を持ち、タービンブレードや高応力部品に適した耐熱鋼の一つです。 ピーリングとは「皮をむく」、という意味です。 熱処理後の棒鋼の表面の黒皮を、りんごの皮をむくように切削した光沢のある表面仕上げである

SUS309S(ピーリング) - 丸棒

見積対象商品 納期:2日

【原産国】日本

【用途】耐熱鋼として

【商品說明】22Cr-12Niを主な組成とし、耐食性の面でSUS304よりも優れますが、耐熱鋼としての用途が多いステンレス鋼材です。 ピーリングとは「皮をむく」、という意味です。 熱処理後の棒鋼の表面の黒皮を、りんごの皮をむくように切削した光沢のある表面仕上げである。

SUS304(酸洗) - 丸棒(未焼鈍材)

¥500~ 納期:2日

【原産国】日本

【用途】構造用の強度部材等

【商品說明】SUS304(別名18Cr-8Ni、18クロムステンレス)はステンレス鋼材のうち、耐熱鋼として最も広く普及している鋼種の一つです。耐食性、溶接性、機械的性質が良好なことで知られます。

構造用鋼 - 黒皮丸鋼 SCM415

¥500~ 納期:2日

【原産国】日本

【用途】機械構造部品全般

【商品說明】SCM415はクロムモリブデン鋼のうち、炭素含有量が最も低く、硬度の範囲や引張強さについても最も低い値を示す材料です。 なお、末尾にH記号がついたものは(SCM415Hなど)、焼入れ性を保証した材料です。市場に流通しているものはすべてこちらに該当します。 上記とは別にⒽの記号がついたものは素材の段階で一定の硬度を保証している調質材です。例:SCM415Ⓗ C量JIS規格 :0.13~0.18   Cr量JIS規格 :0.90~1.20      Mo量JIS規格 :0.15~0.25 クロムモリブデン鋼(クロモリ)。炭素含有量が最も低く、硬度の範囲や引張強さについても最も低い値を示す材料。 用途(使用事例等) : 機械構造部品全般 カット方法 : バンドソー、メタルソー 対応可能加工(フライス、削り等) : 機械加工全般、溶接、曲げ、 熱処理(Ⓐ、Ⓝ、Ⓗ)