ステンレス SUS321(酸洗) - 棒

ステンレス SUS321(酸洗) - 棒

18Cr-9Ni-Tiの組成を持ち、SUS304にTiを添加して耐粒界腐食性を高めたステンレスです。装飾部品には推奨されていません。

特性 成分
引張強さ硬度伸び耐力熱伝導率比重膨張係数C Cr Mn Ni P S Si Ti
520N/mm²200HV40%2050.0387.98g/cm³16.6×10-6/℃0.08%17-19%2%9-13%0.045%0.03%2%0.4%


よく比較される材料 その他材料比較
分類名 特性 用途 その他説明
比重硬度引張強さ伸び耐力膨張係数熱伝導率磁性
SUS310S(酸洗) - 丸棒
購入画面へ
7.98g/cm³200HV520N/mm²40%20515.9×10-6/℃0.034-耐熱鋼、ニッケルとクロムのバランスは25Cr-20Niで、耐酸化性がSUS309Sより優れています。ピーリングとは「皮をむく」、という意味です。 熱処理後の棒鋼の表面の黒皮を、りんごの皮をむくように切削した光沢のある表面仕上げです。
SUS304(鋼球)
購入画面へ
7.93g/cm³200HV520N/mm²40%20517.3×10-6/℃0.039-食品設備、一般設備、原子力用、耐食性、溶接性、機械的性質が良好なことで知られます。ステンレスの中でも特に構造材としての特長が優れている鋼種で、耐熱鋼として最も広く使用されています。
SUS 304 (TP-S) - 丸パイプ
購入画面へ
7.93g/cm³200HV520N/mm²40%20517.3×10-6/℃0.039-食品設備、一般設備、原子力用、耐食性、溶接性、機械的性質が良好なことで知られます。ステンレスの中でも特に構造材としての特長が優れている鋼種で、耐熱鋼として最も広く使用されています。
SUS 304L (TP-S) - 丸パイプ
購入画面へ
7.93g/cm³200HV480N/mm²40%17517.3×10-6/℃0.039-溶接後熱処理できない部品類、耐粒界腐食性に優れ、溶接後熱処理できない部品類にも使われます。ステンレスの中でも特に構造材としての特長が優れている鋼種で、耐熱鋼として最も広く使用されています。
SUS 316 (TP-S) - 丸パイプ
購入画面へ
7.98g/cm³200HV520N/mm²40%20515.9×10-6/℃0.039-海水ポンプ、配管部材、船舶部品、バルブ等、ニッケルとクロムのバランスは25Cr-20Niで、耐酸化性がSUS309Sより優れています。耐熱鋼としてよく使われます。
SUS 316L (TP-S) - 丸パイプ
購入画面へ
7.98g/cm³200HV480N/mm²40%17516.5×10-6/℃0.039-耐孔食性が必要な部品、18Cr-12Ni-2.5Mo-低C型の材料で、SUS316の極低炭素鋼です。性質としては、316の耐粒界腐食性を強化したものです。SUS316同様に海水をはじめとする耐食性、耐孔食性が必要な場所でよく使用されます。
SUS 310S (TP-S) - 丸パイプ
購入画面へ
7.98g/cm³200HV520N/mm²40%20515.9×10-6/℃0.034-耐熱鋼、ニッケルとクロムのバランスは25Cr-20Niで、耐酸化性がSUS309Sより優れています。ピーリングとは「皮をむく」、という意味です。
SUS 304 (TP-A) - 丸パイプ
購入画面へ
7.93g/cm³200HV520N/mm²40%20517.3×10-6/℃0.039-耐熱鋼、耐食性、溶接性、機械的性質が良好なことで知られます。ステンレスの中でも特に構造材としての特長が優れている鋼種で、耐熱鋼として最も広く使用されています。
SUS 304L (TP-A) - 丸パイプ
購入画面へ
7.93g/cm³200HV480N/mm²40%17517.3×10-6/℃0.039-溶接後熱処理できない部品類、耐粒界腐食性に優れ、溶接後熱処理できない部品類にも使われます。ステンレスの中でも特に構造材としての特長が優れている鋼種で、耐熱鋼として最も広く使用されています。
SUS 316 (TP-A) - 丸パイプ
購入画面へ
7.98g/cm³200HV520N/mm²40%20515.9×10-6/℃0.039-海水ポンプ、配管部材、船舶部品、バルブ等、ニッケルとクロムのバランスは25Cr-20Niで、耐酸化性がSUS309Sより優れています。耐熱鋼としてよく使われます。
SUS 316L (TP-A) - 丸パイプ
購入画面へ
7.98g/cm³200HV480N/mm²40%17516.5×10-6/℃0.039-耐孔食性が必要な部品、18Cr-12Ni-2.5Mo-低C型の材料で、SUS316の極低炭素鋼です。性質としては、316の耐粒界腐食性を強化したものです。 SUS316同様に海水をはじめとする耐食性、耐孔食性が必要な場所でよく使用されます。
SUS304N2(ピーリング) - 丸棒
購入画面へ
7.98g/cm³248HBW690N/mm²35%34516.5×10-6/℃0.039-構造用の強度部材等、主として18Cr-8Ni-N-Nbの成分を持ち、SUS304にNとNb(ニオブ)を添加して、延性の低下を抑えながら強度を高めたタイプのステンレス鋼材です。 主に構造用の強度部材に使われます。 ピーリングとは「皮をむく」という意味です。 熱処理後の棒鋼の表面の黒皮をりんごの皮をむくように切削した光沢のある表面仕上げです。
SUS316(ミガキ鋼) - 丸棒
購入画面へ
7.98g/cm³200HV520N/mm²40%20515.9×10-6/℃0.039-海水ポンプ、配管部材、船舶部品、バルブ等、ニッケルとクロムのバランスは25Cr-20Niで、耐酸化性がSUS309Sより優れています。耐熱鋼としてよく使われます。 ミガキ鋼とは、ダイス(金型)を通し冷間で引抜加工する鋼材のことで、引抜加工した寸法精度の高い高級精密な棒鋼二次製品であります。 引抜とは、ダイス(金型)に通し、引抜いて作られます。表面には光沢があります。精度はピーリング材よりも良いのが特徴です。
SUS310S(ピーリング) - 丸棒
購入画面へ
7.98g/cm³200HV520N/mm²40%20515.9×10-6/℃0.034-耐熱鋼、ニッケルとクロムのバランスは25Cr-20Niで、耐酸化性がSUS309Sより優れています。ピーリングとは「皮をむく」、という意味です。 熱処理後の棒鋼の表面の黒皮を、りんごの皮をむくように切削した光沢のある表面仕上げです。
SUS630(ピーリング) - 丸棒
購入画面へ
7.98g/cm³200HV520N/mm²40%20515.9×10-6/℃0.034-シャフト類、タービン部品等、17Cr-4Ni-4Cu-Nbの組成を持つ鋼材で、Cuを添加することで、析出硬化性を持たせたステンレス鋼材です。シャフト類やタービン部品として使われます。 ピーリングとは「皮をむく」、という意味です。
SUS329J4L(ピーリング) - 丸棒
購入画面へ
7.8g/cm³292HV590N/mm²18%39015.9×10-6/℃0.05-海水熱交換器、製塩プラント等、25Cr-6Ni-3Mo-N-低C型の組成を持ったステンレス鋼材で、海水など高濃度塩化物環境において優れた耐孔食性、耐SCC性(耐応力腐食割れ性)があります。 海水熱交換器、製塩プラントなどに使われます。ピーリングとは「皮をむく」という意味です。
SUS316(酸洗) - 丸棒
購入画面へ
7.98g/cm³200HV520N/mm²40%20515.9×10-6/℃0.039-海水ポンプ、配管部材、船舶部品、バルブ等、ニッケルとクロムのバランスは25Cr-20Niで、耐酸化性がSUS309Sより優れています。耐熱鋼としてよく使われます。
SUS304L(酸洗) - 丸棒
購入画面へ
7.98g/cm³200HV480N/mm²40%17517.3×10-6/℃0.039-構造用の強度部材等、耐粒界腐食性に優れ、溶接後熱処理できない部品類にも使われます。ステンレスの中でも特に構造材としての特長が優れている鋼種で、耐熱鋼として最も広く使用されています。
SUS321(ピーリング) - 丸棒
購入画面へ
7.93g/cm³200HV520N/mm²40%20516.6×10-6/℃0.038-耐粒界腐食性、18Cr-9Ni-Tiの組成を持ち、SUS304にTiを添加して耐粒界腐食性を高めたステンレスです。装飾部品には推奨されていません。ピーリングとは「皮をむく」、という意味です。熱処理後の棒鋼の表面の黒皮を、りんごの皮をむくように切削した光沢のある表面仕上げです。
SUS321(酸洗) - 丸棒
購入画面へ
7.98g/cm³200HV520N/mm²40%20516.6×10-6/℃0.038-耐粒界腐食性、18Cr-9Ni-Tiの組成を持ち、SUS304にTiを添加して耐粒界腐食性を高めたステンレスです。装飾部品には推奨されていません。ピーリングとは「皮をむく」、という意味です。熱処理後の棒鋼の表面の黒皮を、りんごの皮をむくように切削した光沢のある表面仕上げです。
SUS347(酸洗) - 丸棒
購入画面へ
7.98g/cm³200HV520N/mm²40%20516.6×10-6/℃0.038-耐粒界腐食性、18Cr-9Ni-Nb型の材料で、SUS304にNbを添加して耐粒界腐食性を高めたステンレスです。
SUS304(酸洗) - 丸棒
購入画面へ
7.93g/cm³200HV520N/mm²40%20517.3×10-6/℃0.039-食品設備、一般設備、原子力用、耐食性、溶接性、機械的性質が良好なことで知られます。SUS304(別名18Cr-8Ni、18クロムステンレス)は、ステンレスの中でも特に構造材としての特長が優れている鋼種で、耐熱鋼として最も広く使用されています。
SUS304(ピーリング) - 丸棒(未焼鈍材)
購入画面へ
7.93g/cm³200HV520N/mm²40%20517.3×10-6/℃0.039-食品設備、一般設備、原子力用、耐食性、溶接性、機械的性質が良好なことで知られます。SUS304(別名18Cr-8Ni、18クロムステンレス)は、ステンレスの中でも特に構造材としての特長が優れている鋼種で、耐熱鋼として最も広く使用されています。
SUS316(ピーリング) - 丸棒(未焼鈍材)
購入画面へ
7.98g/cm³200HV520N/mm²40%20515.9×10-6/℃0.039-海水ポンプ、配管部材、船舶部品、バルブ等、ニッケルとクロムのバランスは25Cr-20Niで、耐酸化性がSUS309Sより優れています。耐熱鋼としてよく使われます。
SUS316L(ピーリング) - 丸棒(未焼鈍材)
購入画面へ
7.98g/cm³200HV480N/mm²40%17516.5×10-6/℃0.039-耐孔食性が必要な部品、18Cr-12Ni-2.5Mo-低C型の材料で、SUS316の極低炭素鋼です。性質としては、316の耐粒界腐食性を強化したものです。 SUS316同様に海水をはじめとする耐食性、耐孔食性が必要な場所でよく使用されます。
SUS304(酸洗) - 丸棒(未焼鈍材)
購入画面へ
7.93g/cm³200HV52040%20517.3×10-6/℃0.039-食品設備、一般設備、原子力用、耐食性、溶接性、機械的性質が良好なことで知られます。SUS304(別名18Cr-8Ni、18クロムステンレス)は、ステンレスの中でも特に構造材としての特長が優れている鋼種で、耐熱鋼として最も広く使用されています。
SUS316(酸洗) - 丸棒(未焼鈍材)
購入画面へ
7.98g/cm³200HV520N/mm²40%20515.9×10-6/℃0.039-海水ポンプ、配管部材、船舶部品、バルブ等、ニッケルとクロムのバランスは25Cr-20Niで、耐酸化性がSUS309Sより優れています。耐熱鋼としてよく使われます。
SUS316L(酸洗) - 丸棒(未焼鈍材)
購入画面へ
7.98g/cm³200HV480N/mm²40%17516.5×10-6/℃0.039-耐孔食性が必要な部品、18Cr-12Ni-2.5Mo-低C型の材料で、SUS316の極低炭素鋼です。性質としては、316の耐粒界腐食性を強化したものです。 SUS316同様に海水をはじめとする耐食性、耐孔食性が必要な場所でよく使用されます。
SUS403(ピーリング) - 丸棒(焼鈍材)
購入画面へ
7.75g/cm³210HV440N/mm²20%20516.5×10-6/℃0.039-タービンブレード、高応力部品等、13Cr-低Siの組成を持ち、タービンブレードや高応力部品に適した耐熱鋼の一つです。ピーリングとは「皮をむく」、という意味です。
SUS420J2(ピーリング) - 丸棒(焼鈍材)
購入画面へ
7.75g/cm³247HV540N/mm²18%22516.5×10-6/℃0.039-バルブ、刃物、ノズル、弁座、焼入れ後の硬さが高いステンレス鋼で、刃物やノズル、弁座、バルブ等によく使われます。
SUS430(ピーリング) - 丸棒(焼鈍材)
購入画面へ
7.70200HV420N/mm²22%42016.5×10-6/℃0.039家庭用器具、家電部品、建築内装用、厨房機器等、クロムの組成比から18Crステンレス(18クロムステンレス)とも呼ばれます。耐食性に優れた汎用のステンレス鋼材です。建築内装用、家庭用器具、家電部品、厨房機器などに使われます。 磁性があります。ただ他の鋼種に比べるとやや耐食性、加工性には劣る部分があります。13クロムステンレスに比べると、耐食性、耐熱性には優れています。ピーリングとは「皮をむく」、という意味です。
SUS309S(酸洗) - 丸棒
購入画面へ
7.70200HV420N/mm²22%42016.5×10-6/℃0.039耐熱鋼、22Cr-12Niを主な組織とし、耐食性の面でSUS304よりも優れますが、耐熱鋼としての用途が多いステンレス鋼材です。
SUS309S(ピーリング) - 丸棒
購入画面へ
7.70200HV420N/mm²22%42016.5×10-6/℃0.039耐熱鋼、22Cr-12Niを主な組織とし、耐食性の面でSUS304よりも優れますが、耐熱鋼としての用途が多い鋼材です。ピーリングとは「皮をむく」という意味です。熱処理後の棒鋼の表面の黒皮を、りんごの皮をむくように切削した光沢のある表面仕上げです。
分類名 成分
SUS310S(酸洗) - 丸棒
購入画面へ
C Si Mn P S Ni Cr --
0.08%1.5%2%0.045%0.03%19-22%24-26%--
SUS304(鋼球)
購入画面へ
C Si Mn P S Ni Cr Mo -
0.08%1%2%0.045%0.03%8-10.5%18-20%0.6%-
SUS 304 (TP-S) - 丸パイプ
購入画面へ
C Si Mn P S Ni Cr Mo -
0.08%1%2%0.045%0.03%8-10.5%18-20%0.6%-
SUS 304L (TP-S) - 丸パイプ
購入画面へ
C Si Mn P S Ni Cr --
0.03%2%2%0.045%0.03%9-13%18-20%--
SUS 316 (TP-S) - 丸パイプ
購入画面へ
C Si Mn P S Ni Cr Mo -
0.08%1%2%0.045%0.03%10-14%16-18%2-3%-
SUS 316L (TP-S) - 丸パイプ
購入画面へ
C Si Mn P S Ni Cr Mo -
0.08%1%2%0.045%0.03%10-14%16-18%2-3%-
SUS 310S (TP-S) - 丸パイプ
購入画面へ
C Si Mn P S Ni Cr --
0.08%1.5%2%0.045%0.03%19-22%24-26%--
SUS 304 (TP-A) - 丸パイプ
購入画面へ
C Si Mn P S Ni Cr Mo -
0.08%1%2%0.045%0.03%8-10.5%18-20%0.6%-
SUS 304L (TP-A) - 丸パイプ
購入画面へ
C Si Mn P S Ni Cr --
0.03%1%2%0.045%0.03%9-13%18-20%--
SUS 316 (TP-A) - 丸パイプ
購入画面へ
C Si Mn P S Ni Cr Mo -
0.08%1%2%0.045%0.03%10-14%16-18%2-3%-
SUS 316L (TP-A) - 丸パイプ
購入画面へ
C Si Mn P S Ni Cr Mo -
0.08%1%2%0.045%0.03%10-14%16-18%2-3%-
SUS304N2(ピーリング) - 丸棒
購入画面へ
C Si Mn P S Ni Cr N Nb
0.08%1.00%2.50%0.045%0.030%7.50-10.50%18.00-20.00%0.15-0.30%0.15%
SUS316(ミガキ鋼) - 丸棒
購入画面へ
C Si Mn P S Ni Cr Mo -
0.08%1.00%2%0.045%0.03%10-14%16-18%2-3%-
SUS310S(ピーリング) - 丸棒
購入画面へ
C Si Mn P S Ni Cr --
0.08%1.5%2%0.045%0.03%19-22%24-26%--
SUS630(ピーリング) - 丸棒
購入画面へ
C Si Mn P S Ni Cr Cu Nb
0.07%1%1%0.04%0.03%3-5%15-17%3-5%0.15-0.45%
SUS329J4L(ピーリング) - 丸棒
購入画面へ
C Si Mn P S Ni Cr Mo N
0.03%1%1.5%004%0.03%5.5-7.5%24-26%2.5-3.5%0.08-0.30%
SUS316(酸洗) - 丸棒
購入画面へ
C Si Mn P S Ni Cr Mo -
0.08%1%2%0.045%0.03%10-14%16-18%2-3%-
SUS304L(酸洗) - 丸棒
購入画面へ
C Si Mn P S Ni Cr --
0.03%1%2%0.045%0.03%9-13%18-20%--
SUS321(ピーリング) - 丸棒
購入画面へ
C Si Mn P S Ni Cr Ti -
0.08%1%2%0.045%0.03%9-13%17-19%0.4%-
SUS321(酸洗) - 丸棒
購入画面へ
C Si Mn P S Ni Cr Ti -
0.08%2%2%0.045%0.03%9-13%17-19%0.4%-
SUS347(酸洗) - 丸棒
購入画面へ
C Si Mn P S Ni Cr Nb -
0.08%1%2%0.045%0.03%9-13%17-19%0.8%-
SUS304(酸洗) - 丸棒
購入画面へ
C Si Mn P S Ni Cr Mo -
0.08%1%2%0.045%0.03%8-10.5%18-20%0.6%-
SUS304(ピーリング) - 丸棒(未焼鈍材)
購入画面へ
C Si Mn P S Ni Cr Mo -
0.08%1%2%0.045%0.03%8-10.5%18-20%0.6%-
SUS316(ピーリング) - 丸棒(未焼鈍材)
購入画面へ
C Si Mn P S Ni Cr Mo -
0.08%1%2%0.045%0.03%10-14%16-18%2-3%-
SUS316L(ピーリング) - 丸棒(未焼鈍材)
購入画面へ
C Si Mn P S Ni Cr Mo -
0.08%1%2%0.045%0.03%10-14%16-18%2-3%-
SUS304(酸洗) - 丸棒(未焼鈍材)
購入画面へ
C Si Mn P S Ni Cr Mo -
0.08%1%2%0.045%0.03%8-10.5%18-20%0.6%-
SUS316(酸洗) - 丸棒(未焼鈍材)
購入画面へ
C Si Mn P S Ni Cr Mo -
0.08%1%2%0.045%0.03%10-14%16-18%2-3%-
SUS316L(酸洗) - 丸棒(未焼鈍材)
購入画面へ
C Si Mn P S Ni Cr Mo -
008%1%2%0.045%0.03%10-14%16-18%2-3%-
SUS403(ピーリング) - 丸棒(焼鈍材)
購入画面へ
C Si Mn P S Cr ---
0.15%0.5%1%0.04%0.03%11.5-13%---
SUS420J2(ピーリング) - 丸棒(焼鈍材)
購入画面へ
C Si Mn P S Cr ---
0.26-0.40%1%1%0.04%0.03%12.00-14.00%---
SUS430(ピーリング) - 丸棒(焼鈍材)
購入画面へ
C Si Mn P S Cr ---
0.12%0.75%1%0.04%0.03%16-18%---

ステンレス SUS321(酸洗) - 棒 対応可能寸法

直径(D)長さ(L)価格 納期
10~13mm 10~2,000mm 見積依頼 2日
20mm 10~2,000mm 見積依頼 2日

SUS430(ピーリング) - 丸棒(焼鈍材)

見積対象商品納期:2日

【原産国】日本

【用途】建築内装用,家庭用器具,家電部品,厨房機器等

【商品說明】クロムの組成比から18Crステンレス(18クロムステンレス)とも呼ばれます。耐食性に優れた汎用のステンレス鋼材です。建築内装用、家庭用器具、家電部品、厨房機器などに使われます。磁性があります。ただ他の鋼種に比べるとやや耐食性、加工性には劣る部分があります。13クロムステンレスに比べると、耐食性、耐熱性には優れています。 ピーリングとは「皮をむく」、という意味です。 熱処理後の棒鋼の表面の黒皮を、りんごの皮をむくように切削した光沢のある表面仕上げである

鉄板(SPHC) - 熱間圧延鋼板 溶断

¥500~納期:4日

【原産国】日本

【用途】容器等,プレス加工,自動車のフレーム,電気機器,鋼性機器

【商品說明】SPHC熱延鋼板は、冷間圧延プロセスを通らない分、安価で板厚が厚く、プレス加工向け、そして自動車のフレームといった骨組み材や強い圧力を受ける配管などに使用されます。 よくSPHCとSPCCの比較されますが、 簡単その違いについて説明下記内容通り説明いたします。 1. SPHC : 熱間圧延の「一般用」鋼板、JIS_G3141 2. SPCC : 冷間圧延の「一般用」鋼板、JIS_G3131 ◎ 熱間圧延鋼板 : 金属の再結晶温度以上で加工する方法です。                            スラブを引き延ばして帯状の鋼を作ること。熱間圧延は金属の強度が高くならない状態で加工します。                            圧延を行うと、鋳造組織の中にあった晶出物が均一な組織に生まれ変わるために、次の冷間圧延も加工も可能となります。 ◎ 冷間圧延鋼板 : 再結晶温度以下で加工する方法です。                             熱間圧延後、常温で製品の厚さにまで圧延することです。

構造用鋼 - 黒皮丸鋼 SCM440Ⓗ

¥500~納期:2日

【原産国】日本

【用途】機械構造部品全般

【商品說明】SCM440はクロムモリブデン鋼のうち、炭素量0.38~0.43と定められており比較的硬めの鋼種です。 炭素量の含有量はわずかの違いでも機械的特性に影響を及ぼします。 なお、末尾にH記号がついたものは(SCM440Hなど)、焼入れ性を保証した材料です。市場に流通しているものはすべてこちらに該当します。 上記とは別にⒽの記号がついたものは素材の段階で一定の硬度を保証している調質材です。例:SCM440Ⓗ

ダクタイル鋳鉄 - 角鋼

¥500~納期:2日

【原産国】日本

【用途】バルブ,シリンダー,マニホールド等

【商品說明】球場黒鉛鋳鉄 ねずみ鋳鉄よりもさらに耐摩耗性が必要な場合や、機械的性質がさらに良好なものが必要な場合に使用する材料。  カット方法 : バンドソー、メタルソー 対応可能加工(フライス、削り等) : 機械加工全般、熱処理

SKロッド - 丸鋼

¥1,486~納期:2日

【原産国】日本

【用途】シャフト,その他部品全般

【商品說明】SKロッドは、特殊鋼の中で使用頻度の高い鋼材です。 炭素量が0.6~1.5%で焼入れ・焼き戻しを行うことで硬度を出すことのできる材料で、硬度のほか耐摩耗性にも優れ、切削工具などにも使用されます。

一般鋼材 H形鋼(中巾)

見積対象商品納期:2日

【原産国】日本

【用途】建造物全般。架台等

【商品說明】断面がHの形をした材料 用途(使用事例等) : 建造物全般、架台等 カット方法 : バンドソー、メタルソー 対応可能加工(フライス、削り等) : フライス、穴あけ、溶接、レーザー、機械加工全般

構造用鋼 - 黒皮丸鋼 SCM415

¥500~納期:2日

【原産国】日本

【用途】機械構造部品全般

【商品說明】SCM415はクロムモリブデン鋼のうち、炭素含有量が最も低く、硬度の範囲や引張強さについても最も低い値を示す材料です。 なお、末尾にH記号がついたものは(SCM415Hなど)、焼入れ性を保証した材料です。市場に流通しているものはすべてこちらに該当します。 上記とは別にⒽの記号がついたものは素材の段階で一定の硬度を保証している調質材です。例:SCM415Ⓗ C量JIS規格 :0.13~0.18   Cr量JIS規格 :0.90~1.20      Mo量JIS規格 :0.15~0.25 クロムモリブデン鋼(クロモリ)。炭素含有量が最も低く、硬度の範囲や引張強さについても最も低い値を示す材料。 用途(使用事例等) : 機械構造部品全般 カット方法 : バンドソー、メタルソー 対応可能加工(フライス、削り等) : 機械加工全般、溶接、曲げ、 熱処理(Ⓐ、Ⓝ、Ⓗ)

SUS347(酸洗) - 丸棒

見積対象商品納期:2日

【原産国】日本

【用途】耐粒界腐食性として

【商品說明】18Cr-9Ni-Nb型の材料で、SUS304にNbを添加して耐粒界腐食性を高めたステンレスです。

一般鋼材 溝形鋼(チャンネル)

¥500~納期:2日

【原産国】日本

【用途】建造物全般。架台等,ブラケット

【商品說明】コの字の材料、チャンネル 用途(使用事例等) : 建造物全般。架台等 カット方法 : バンドソー、メタルソー 対応可能加工(フライス、削り等) : 穴あけ、溶接、機械加工全般

CPL - 縞鋼板

¥500~納期:4日

【原産国】日本

【用途】工場の床面,各種建築物,工事現場の仮設敷,段差解消用のスロープ材等,通路・階段,一般道路の側溝の蓋

【商品說明】縞鋼板は、鉄鋼製品の一つで、圧延によって表面に連続した滑り止め用の突起を付けた鋼板を指します。 よくチェッカープレートあるいは単に縞板(しまいた)と呼ばれることもあります。 縞板には、アルミニウムやチタンなどで製造された板材もありますが、通常「縞板」と言えば炭素鋼熱間圧延鋼板(熱延鋼板)の物を指すことが多いです。 それ以外の材料の場合は、「アルミ縞鋼板」などと呼んで区別します。

よくある質問

◎ ピーリングとは  : 熱処理後の棒鋼の表面の黒皮を、りんごの皮をむくように切削した光沢のある表面仕上げであります。

◎ ミガキとは     : JIS規格で規定されている「ミガキ棒鋼」のことを指します。冷間引き抜きされ、表面がツルツルして、きれいに仕上がっている鉄鋼素材のことを言います。

◎ 酸洗とは      : 熱をかけてロールで延ばす(熱間圧延)工程の後に、酸で表面についている黒い皮膜や汚れを取り除くものを言います。

"◎ センターレスとは : 砥石と砥石の間に工作物を挟み込み、材料を回転させながら表面研削を行います。中心軸の「芯」を押さえずに加工できることからセンターレス研削と呼ばれます。

 

"

◎ 2Bとは       : No.2D仕上後、スキンパスを施したもので、表面は美しい光沢を持ち、広く一般に使用されています。2Dとは、冷間圧延後、焼鈍酸洗したもので材質が軟らかく深絞り用に適しています。 表面は銀白色で、強い光沢を好まない用途に用いられます。

◎ BAとは       : 冷間圧延後、光輝焼鈍処理を施したもので、家電製品、厨房器具、自動車部品などに使用されます。

◎ 400番研磨とは  : #400バフによって研磨し光沢良く仕上げたもので、各種用途に使用されています。

◎ HLヘアーライン研磨とは : 連続的に一方方向に研磨仕上げしたもので、カーテンウォール・サッシなどの建築材、ショーケース、冷蔵庫パネルなどに広く使用されています。

◎ 焼鈍材とは    : 焼入れとは異なり、素材を軟化させる処理です。 この処理を行うことで、冷間加工や切削加工時の加工性を向上させることができます。 製品加工品(溶接構造品)の歪取り、応力除去を行います。

◎ 未焼鈍材とは  : 焼鈍し処理を施していない材料のことを言います。