商品説明
カテゴリ:
原産国
日本
日本
用途
容器等,プレス加工,自動車のフレーム,電気機器,鋼性機器
商品説明

SPHC熱延鋼板は、冷間圧延プロセスを通らない分、安価で板厚が厚く、プレス加工向け、そして自動車のフレームといった骨組み材や強い圧力を受ける配管などに使用されます。

よくSPHCとSPCCの比較されますが、
簡単その違いについて説明下記内容通り説明いたします。

1. SPHC : 熱間圧延の「一般用」鋼板、JIS_G3141
2. SPCC : 冷間圧延の「一般用」鋼板、JIS_G3131

◎ 熱間圧延鋼板 : 金属の再結晶温度以上で加工する方法です。
                           スラブを引き延ばして帯状の鋼を作ること。熱間圧延は金属の強度が高くならない状態で加工します。
                           圧延を行うと、鋳造組織の中にあった晶出物が均一な組織に生まれ変わるために、次の冷間圧延も加工も可能となります。

◎ 冷間圧延鋼板 : 再結晶温度以下で加工する方法です。
                            熱間圧延後、常温で製品の厚さにまで圧延することです。