• 形状 : 板材
  • 用途 :  その他,真空炉部品,半導体,ノズル,導管,電子管陰極

板材 TZM合金 TZM(Ti-Zr-Mo)合金 板材

その他寸法はこちらから

TZM(Ti-Zr-Mo)合金:
英語名称:TZM-ALLOY (Titnaium-Zirconium-Molybdenum Alloy)

成分:
Mo≧99.3%
Ti 0.5%、Zr 0.07-0.12、C 0.01-0.04

その他成分:
Fe < 0.003%、Mg < 0.002%、Si < 0.002%、Ca < 0.0015%、Cu < 0.001%、C < 0.002%、Al < 0.002%、P < 0.001%

-. 密度:10.2g/㎝⊃3;
-. 融点:2617℃
-. 沸点:4612℃

性能:

-.  伸び(%) : <20
-.  ヤング率(GPa) : 320
-.  耐力(MPa) : 560-1150
-.  引張強さ(MPa): 685
-.  熱膨張係数(/K-1(20~100℃):  5.3X10-6
-.  熱伝導率(W/m-K) : 126
-.  低効率(Ω-m): (5.3-5.5)×10-8

TZM合金は高融点、高い強度等の特性を有しており、
性能面において純モリブデンより性能面で優れております。

TZM合金は、そのすぐれている性能から多くの領域において使用されています。
特に宇宙航空産業のノズル、導管等に良く利用されています。

そして、電子電機工業分野でも幅広く利用されています。
例えば、電子管陰極、半導体薄膜集積回路等々。

TZM合金板材

TZM合金は、モリブデンをベースにジルコニウム、チタン及びカーボンを少量加えて作られる合金です。
ジルコニウム、チタン、カーボンを入れることによって、合金の再結晶温度を大幅に上昇させ、材料の性質を大幅に改善できます。
実験では、モリブデンは1201℃ぐらいで引張強さが下がっていくのに対して、
TZM合金の引張強さ変わらずそのままの強さを維持されると同時に、強度の工場も確認できています。
このようにTZM合金は、その材質の特性向上によって用途もより広く使われています。

free website templates
TZM合金丸棒

TZM合金は、耐高温材料として、高温での優れた機械特性を有しています。
一方で、耐酸化性には劣っているため、高温では自らを守るため耐酸化層を作り、高温では寿命が短いともいわれています。
この弱点を克服するため、表面にコーティングを施したりして利用されています。
TZM合金は、良好な曲げ性能に対する抵抗性を有しています。
それは高温ではより優れた効果を発揮しているため、耐高温用途として広く使われています。
イーメタルズでは、TZM合金の板材、丸棒だけではなく、特殊形状の加工も行っていますので、お問い合わせください。

1.モリブデン丸棒
2.モリブデン板材
3.モリブデン丸板材
4.モリブデンワイヤー
5.モリブデン丸パイプ

関連商品

TZM合金 TZM(Ti-Zr-Mo)合金  板材

TZM(Ti-Zr-Mo)合金  板材

¥2,000~

納期:25日

原産国:CHINA

TZM合金 TZM(Ti-Zr-Mo)合金  棒材

TZM(Ti-Zr-Mo)合金  棒材

¥1,900~

納期:25日

原産国:CHINA