ゴールデンウィーク休業のお知らせ:  詳細を見る
商品説明
カテゴリ:
原産国
日本
日本
商品説明

通称17S(ジュラルミン)と呼ばれるAl-Cu合金で、耐食性、溶接性は劣るが、強度が高く、切削加工性も良好。
52Sについで需要が多い。

Al-Cu系-A2017

Al-Cu系(A2017)-板材

A2017A2024は、JIS規格では2000系合金と呼ばれ、主にアルミニウムと銅の合金で,ジュラルミン(A2017)、超ジュラルミン(A2024)という名称で知られているアルミ高力合金です。軽量で剛性も高いですが、Cu の含有量が多いため耐食性が悪いことが挙げられます。機械加工においては、穴あけ、タップ、外形形状削りでは問題はありませんが、焼き入れ合金であるため内部応力が大きく、面削りをするとひずみが生じます。 
ジュラルミンとは、A2017という材質のことで,成分に、Cu(銅)やMg(マグネシウム)を含んでいます。 銅を含むアルミは、強度が高くなると言われており、強度に優れた熱処理型のアルミ合金として知られています。 環境によっては強度面では鉄鋼材料に匹敵します。 
切削加工性においても優れていると言われています。 しかし、溶融溶接性や耐食性においては、他のアルミに比べてやや劣るという欠点があり、腐食環境で使用する際にジュラルミンを使用する場合には、充分な防食処理が必要となります。また接合にはリベット、ボルト接合、抵抗スポット溶接が適しています。
【A2017 特徴】
 ●鋼材に匹敵する強度。 
●構造用材に最適。 
●鍛造品にも適しています。 
●切削性が良好。 
※耐食性は劣りますので防食処理が必要です。 
※溶接性は劣ります。 
【用 途】
耐食性・溶接性は劣りますが、強度・切削性も良好な為、構造用材や鍛造品にも適しています。  
 ●航空機:各種部品 
●精密機器:歯車/ベース板 
●一般機器:スピンドル/油圧部品/高圧ボンベ/ハブ/ギア 
●車  両:二輪車(ペダル/ブレーキ)・自動車用部材など 
他には、現金輸送箱・トランクの材料・油圧部品・船舶用材等で使用され、
最近ではジュラルミンの軽くて強い、という特性からスマホケースにも使用されています。 
【成分】
Si(珪素)/0.20~0.8・Fe(鉄)/0.70以下・Cu(銅)/3.5~4.5・Mn(マンガン)/0.4~1.0
Mg(マグネシウム)/0.4~0.8・Cr(クロム)/0.1以下・Zn(亜鉛)/0.25以下・Ti(チタン)/0.15以下Al(アルミニウム)/残部