燐青銅(C5191P) H

用途:コネクター,スイッチ
銅に錫を3~9%含む青銅に脱酸のため燐を0.2%程度添加した銅合金。 ばね特性、加工性が高く非磁性。また導電率やめっき性にも優れています。
予約注文

予約注文とは

 予約注文とは
予約注文

予約注文とは

 予約注文とは
スライド割引
購入数量 適用割引
{{disc.minvalue}}{{disc.maxvalue>999999?" 以上":'~'+disc.maxvalue}} {{disc.rate}}%
※買い物カゴの合計金額から引かれます。
厚み(㎜) 幅(㎜) 長さ(㎜) 重量(kg) 発送(日) 単価 数量
t
0.2
×
W
180
×
L
1200
0.381 5 ¥0 pcs
t
0.25
×
W
180
×
L
1200
0.477 5 ¥0 pcs
t
0.3
×
W
180
×
L
1200
0.572 5 ¥0 pcs
t
0.5
×
W
180
×
L
1200
0.954 5 ¥0 pcs
t
0.8
×
W
180
×
L
1200
1.526 5 ¥0 pcs
t
1
×
W
180
×
L
1200
1.907 5 ¥0 pcs
t
1.2
×
W
180
×
L
1200
2.289 5 ¥0 pcs
予約注文

予約注文とは

 予約注文とは
予約注文

予約注文とは

 予約注文とは
スライド割引
購入数量 適用割引
{{disc.minvalue}}{{disc.maxvalue>999999?" 以上":'~'+disc.maxvalue}} {{disc.rate}}%
※買い物カゴの合計金額から引かれます。
用途:コネクター,スイッチ

銅に錫を3~9%含む青銅に脱酸のため燐を0.2%程度添加した銅合金。

ばね特性、加工性が高く非磁性。また導電率やめっき性にも優れています。

その他材料比較
分類名 特性 用途 その他説明
硬度引張強さ伸び熱伝導率導電率比重膨張係数体積抵抗率比熱縦弾性係数
燐青銅(C5210)-H
購入画面へ
180-235HV590-705N/mm²12%63W/mK12%-----コネクター、スイッチ、ヒューズクリップ、リレー、コネクター、リードフレーム、銅に錫を3~9%含む青銅に脱酸のため燐を0.2%程度添加した銅合金。 ばね特性、加工性が高く非磁性です。また、導電性やめっき性にも優れています。 C5210Pは、「ばね用りん青銅と呼ばれ、特にばね性に優れています。
燐青銅丸棒(C5191B) - 1/2H
購入画面へ
150-205490-610Mpa20%67W/mK13%8.83g/cm³18.0×10-6/℃0.133µΩ・m377J/(kg・K)115GPaコネクター、電子機器スイッチ、リレー、Sn(すず)を3%~9%含む銅合金で、P(リン)を0.03~0.05%添加しています。 展延性に優れており、型打加工もでき、材質は硬い部類の銅合金です。 Pbを添加して被削性を高めた快削りん青銅もあります。 弾性、耐疲労性、耐摩耗性、ばね特性に優れた材料で、ばねはもちろんのこと、歯車などにも使われます。 りん青銅は一般大気雰囲気だけでなく、淡水、海水についてもすぐれた耐腐食性を発揮します。 快削りん青銅などPbを添加していると、この耐食性については悪くなります。 C5191、C5212は「ばね材」に適した材料ですが、特に高性能のばね性が必要な場合は「ばね用りん青銅」が規格にあります。 C5191についてはスズ含有率が5.5~7.0%、C5212については7.0~9.0%の含有率となっています。 スズの増加は金属としての強度を上げますが、導電性の値は低下します。また展延性が必要な場合も、材料そのものが硬いため、Snの量が増えてくるとあまり適さなくなります。 また、りん青銅鋳物は、JIS記号ではCAC502(旧呼称PBC2)などと呼ばれ、Cu-Sn系の成分を基本として、Pを0.03~0.1%を加えた合金で、強度、硬度、耐摩耗性の向上を狙ったものです。 青銅鋳物系に比べると特に硬さに優れた特徴を示します。 また耐磨耗性も良好で、溶湯の湯流れ性もよいことから鋳造性に優れます。
燐青銅板(C5191B) - PB
購入画面へ
150-205490-610Mpa20%67W/mK13%8.83g/cm³18.0×10-6/℃0.133µΩ・m377J/(kg・K)115GPaコネクター、電子機器スイッチ、リレー、Sn(すず)を3%~9%含む銅合金で、P(リン)を0.03~0.05%添加しています。展延性に優れており、型打加工もでき、材質は硬い部類の銅合金です。 Pbを添加して被削性を高めた快削りん青銅もあります。男性、耐疲労性、耐摩耗性、ばね性に優れた材料で、ばねはもちろんのこと歯車などにも使われます。 りん青銅は一般大気雰囲気だけでなく、淡水、海水についてもすぐれた耐腐食性を発揮します。 快削りん青銅などPbを添加していると、この耐食性については悪くなります。 C5191、C5212は「ばね材」に適した材料ですが、特に高性能のばね性が必要な場合は「ばね用りん青銅」が規格にあります。 C5191についてはスズ含有率が5.5~7.0%、C5212については7.0~9.0%の含有率となっています。 スズの増加は金属としての強度を上げますが、導電性の値は低下します。また展延性が必要な場合も、材料そのものが硬いため、Snの量が増えてくるとあまり適さなくなります。 また、りん青銅鋳物は、JIS記号ではCAC502(旧呼称PBC2)などと呼ばれ、Cu-Sn系の成分を基本として、Pを0.03~0.1%を加えた合金で、強度、硬度、耐摩耗性の向上を狙ったものです。 青銅鋳物系に比べると特に硬さに優れた特徴を示します。 また耐磨耗性も良好で、溶湯の湯流れ性もよいことから鋳造性に優れます。
燐青銅板(C5191B) - 1/2H
購入画面へ
150-205HV490-610Mpa20%67W/mK13%8.83g/cm³18.0×10-6/℃0.133µΩ・m377J/(kg・K)115GPaコネクター、電子機器スイッチ、リレー、Sn(すず)を3%~9%含む銅合金で、P(リン)を0.03~0.05%添加しています。 展延性に優れており、型打加工もでき、材質は硬い部類の銅合金です。 Pbを添加して被削性を高めた快削りん青銅もあります。 弾性、耐疲労性、耐摩耗性、ばね特性に優れた材料で、ばねはもちろんのこと、歯車などにも使われます。 りん青銅は一般大気雰囲気だけでなく、淡水、海水についてもすぐれた耐腐食性を発揮します。 快削りん青銅などPbを添加していると、この耐食性については悪くなります。 C5191、C5212は「ばね材」に適した材料ですが、特に高性能のばね性が必要な場合は「ばね用りん青銅」が規格にあります。 C5191についてはスズ含有率が5.5~7.0%、C5212については7.0~9.0%の含有率となっています。 スズの増加は金属としての強度を上げますが、導電性の値は低下します。また展延性が必要な場合も、材料そのものが硬いため、Snの量が増えてくるとあまり適さなくなります。 また、りん青銅鋳物は、JIS記号ではCAC502(旧呼称PBC2)などと呼ばれ、Cu-Sn系の成分を基本として、Pを0.03~0.1%を加えた合金で、強度、硬度、耐摩耗性の向上を狙ったものです。 青銅鋳物系に比べると特に硬さに優れた特徴を示します。 また耐磨耗性も良好で、溶湯の湯流れ性もよいことから鋳造性に優れます。
燐青銅(C5210)-1/2H
購入画面へ
150-205HV490-610N/mm²20%67W/mK13%8.83g/cm³18.0×10-6/℃0.133µΩ・m377J/(kg・K)115GPaコネクター、スイッチ、ヒューズクリップ、リレー、コネクター、リードフレーム、銅に錫を3~9%含む青銅に脱酸のため燐を0.2%程度添加した銅合金。 ばね特性、加工性が高く非磁性です。また、導電性やめっき性にも優れています。 C5210Pは、「ばね用りん青銅と呼ばれ、特にばね性に優れています。
分類名 成分
燐青銅(C5210)-H
購入画面へ
Pb Fe Sn Zn P Cu
0.05%0.10%7.0-9.0%0.20%0.23-0.35%Balance%
燐青銅丸棒(C5191B) - 1/2H
購入画面へ
Sn P Pb Zn Fe Cu
5.5-7.0%0.03-0.35%0.02%0.20%0.10%Balance%
燐青銅板(C5191B) - PB
購入画面へ
Sn P Pb Zn Fe Cu
5.5-7.0%0.03-0.35%0.02%0.20%0.10%Balance%
燐青銅板(C5191B) - 1/2H
購入画面へ
Sn P Pb Zn Fe Cu
5.5-7.0%0.03-0.35%0.02%0.20%0.10%Balance%
燐青銅(C5210)-1/2H
購入画面へ
Pb Fe Sn Zn P Cu
0.05%0.10%7.0-9.0%0.20%0.23-0.35%Balance%
Image

関連商品

 
  
3Dプリンター用粉末

3Dプリンター用粉末

Image

ピックアップ商品